スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンガルワシミミズクのトコちゃん 

t110418002.jpg

4月24日 きょうは、夏期休暇に入ってしまったシロフクロウのハリーに代わって、10時30分からのバードショーに登場した、ベンガルワシミミズクのトコちゃんをご紹介します。

トコちゃんは2008年の6月10日に当園で生まれたフクロウで、いっしょに生まれたニコちゃんとともに、ヒナの頃からこのブログでもご紹介させていただきました。

トコちゃんの過去のブログ記事 

お名前募集します。 2008年7月2日

ベンガルワシミミズクのヒナ その後 2008年7月18日

遅くなりましたが・・・名前決定です 2008年9月14日

t110418001.jpg

2008年当時の、あの幼かったフクロウは、とても立派な大人のフクロウになっていました。私も、2008年の頃は、トコちゃん、ニコちゃんの兄弟を撮っていたのですが、今回は久しぶりの撮影でした。

ベンガルワシミミズクには、ルナちゃんアスカてんかなどこれまで飛行ショーをこなして来た子も多いので、そんな子たちのなかで、トコちゃんを撮影する機会が少なくなっていました。

t110418003a.jpg

スタッフの小澤さんによって、ショーも無難にこなしていました。

toko110416004.jpg

そしてこんなこともできます。 スタッフの小澤さんがトコちゃんを地面に降ろすと・・・

toko110416005.jpg

画像だとちょっとわかりにくいですが、地面を「トコ、トコ、トコ・・」と歩いて、小澤さんのところまで、エサをもらいに行きます。

姉妹園の富士花鳥園では、昔から見られた光景ですが、当園でははじめてのショーです。

歩き方が可愛いです。

toko110416006.jpg

これから夏場の間、10時30分からのショーには、このトコちゃんも登場する予定です。この写真を撮った4月14日の日は、デビューからまだ3日しか経ってないとのことで、ちょっと緊張気味でしたが、ハリー君が登場する今年の冬まで、夏はまた暑いと思いますが、がんばってもらいたいと思います。

そんなことで、トコちゃんをよろしくお願いします。


こちらも見てね!
花鳥園グループ 代表者アメブロ 始めました。
http://ameblo.jp/kachoen-co-ltd/


バードスタッフによる花鳥園の鳥情報。ぜひ見てね!
掛川花鳥園 バードスタッフブログ「鳥たちの飼育日記」 
http://ameblo.jp/kakegawakachoen

最近撮った、ハリスホークの写真 

n110201011.jpg

2月6日 屋外のバードショーで10時30分からのシロフクロウのハリーを撮りに行くと、同じショーで行われるハリスホークナイトの飛行ショーも撮れます。 そんなことでハリスホークの写真も良いカットがちょっと撮れましたので、ご紹介することにしました。

ハリスホークの飛行ショーは、当園のバードショーではベンガルワシミミズクとともに定番のショーとなっています。やや風が強い日でも飛んでくれますし、オールシーズン屋外で観覧することができます。

n110201006.jpg

ハリスホークは、ちょっとトンビのような地味な鳥で、インコなど可愛いい鳥が好きな方には受けません。でもタカの仲間では唯一群れで狩りをする性質を持っていて、そのため仲間意識が強く、よって人間にもとてもよく馴れるので、猛禽の仲間のうちではとても飼いやすく、猛禽飼育では入門種となっています。

ペットみたいに人に馴れるよ。なんて言う人もあります。

n110201007.jpg

時々、インコショー用の止まり木に止まることもあり、これはその瞬間。獲物を狩る場面ではないためか、表情もなんとなく穏やかやように感じます。

n110201002.jpg

お客様のすぐ近くをすり抜けて飛ぶナイト。 ほんとうに近くを飛ぶし、真近だと羽根が切る風も感じるし、足に付いている鈴の音も聞こえます。自分の方に向かって来るときは、けっこうビビるし、迫力ありますよ。

n110201001.jpg

スタッフの腕に止まる瞬間。足に鈴が付いていています。 和名がモモアカノスリというだけあって、腿が赤褐色をしています。

n110201008.jpg

スタッフの手に止まり、肉片を食べるナイト。

今週はやや暖かな日が続いていますので、屋外でのご観覧もそれほど寒くはないです。ご来園されましたら、ぜひご覧ください。


☆ 花鳥園から皆様へのプレゼント企画
誕生月は無料でご入園できます。

詳しくは、リンク先のブログ記事をご覧ください。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/

ハプニング! 強風にあおられたハリー君 

h110118009.jpg

1月28日 今回もまたハリー君。シロフクロウは寒い冬こそ元気で美しい冬の鳥。当園の冬場の目玉です。ちょっとくらい寒くても、屋外のバードショーでぜひ見ていただきたい鳥です。

とういうことで、これは先週のことです。いつも通り10時30分からのバードショーに登場したシロフクロウのハリー君が、強風にあおられてショー会場から出てしまいました。

といっても、飛んで行って戻って来なかったとか、そんな事件になったわけではないので、まずご安心ください。

でも、今シーズン、今まででいちばんのハプニングでしたので、こんなこともあるんです・・・という感じでご紹介いたします。

h110118010.jpg

この日は今シーズン一番の寒波が来て掛川でも珍しく雪が舞った日の翌日で、風の強い晴天でしたが、ショーの中盤までは、ハリー君もいつも通り無難なショーを行ってくれていました。

ところがショーの後半、一瞬の風の影響でエサを追って止まり台から次の止まり台へ移動するショーのパターンから外れ、空へ舞い上がってしまったのです。

h110118001.jpg

冬の青空に舞うシロフクロウは、それはそれで美しい眺めなわけで、こんなこと滅多にないので、そんな写真が撮れた事は私的にはラッキー??だったわけですが・・・・

h110124001.jpg

こんなふうに水面を滑空する姿も、通常は見ることができない光景で、そんな写真が撮れたことは良かったわけです。(この画像は、ちょっと修正しましたが・・・)

でも、遠くへ飛んでいってしまう危険もあるわけで、発信機は付けていても、こんな時スタッフはとても神経を使います。

h110118002.jpg

幸い着地したのはショー会場脇の温室から外へ出るすぐの場所で、遠くへ飛んでいってしまうことはなかったのですが、スタッフの小澤さんがまず手に乗せようとエサをもって近づいても、そこからまた舞い上がってしまうのでした。

その後もハリー君はこの日はぐずってなかなかスタッフの言うことを聞かず、スタッフがエサを持って呼んでも飛んで来ません。

でもこんな時でも、スタッフの方からハリー君に近寄ってエサを与えると、「飛ばなくてもエサがもらえる」ことを学習してしまい、ずるいフクロウさんになってしまうので、ショーのなかでハリー君の調教を兼ねた時間が流れました。

寒くて風もあったので、お客様にはちょっと申し訳なかったですが、それでも珍しい光景でしたので、それもまた楽しめたような、ほんの数分間でした。

h110118005.jpg

ですが一回目のハプニングで機嫌を悪くしたのか、またショー会場から出て地面へ着地。そこでスタッフの小澤さんが、ハリーにエサを与える瞬間、ハリーの足の紐を掴んで補ていし、この日のハリーのショーはここで終わりました。

h110118003.jpg

めったに無いことですが、そんなハプニングの最中でも、動じることなくハリー君を補ていし、お客様にはトークで楽しく説明するスタッフに、改めて感心しました。

h110118004.jpg

ハリー君も今回はかなり動揺したようです。

はー 怖かった! って言ってるみたいですね。

ショー中は、こんなハプニングが起こってしまう場合がありますが、もし遭遇されましたら、スタッフのアナウンスに従って、ちょっと気長にお待ちいただけましたら嬉しいです。 寒く冷たい日もまだまだありますが、どうかよろしくお願いいたします。


☆ 花鳥園から皆様へのプレゼント企画
誕生月は無料でご入園できます。

詳しくは、リンク先のブログ記事をご覧ください。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/

ハリー君の表情 

h110103001a.jpg

1月5日 昨日に引き続いて今日も午前10時30分からのバードショーで行われている、シロフクロウのハリーをご紹介いたします。

このシロフクロウの飛行ショーは、雪のように白く美しいシロフクロウがショー会場を飛び交い、それだけでもとても素晴らしいショーですが、よく見てみると、そのハリーの表情がまたユーモラスで面白いので、今回はそんな視点からご紹介します。

h110103003.jpg

台の上の肉片の獲物に飛び掛るときは、ほんとうに獰猛な野生のするどい表情をするハリーですが、スタッフのことを自分の親と思っているので、エサをもらうときは「ヒ~、ヒー」とヒナのような声で鳴きます。

この声は会場でもよく聞こえますよ。

h110103004.jpg

ちょっとかすれた感じでヒナのように鳴いているところ。一枚上の写真のような獰猛さはなく、とても可愛らしい表情になります。

スタッフを自分の親と思って、ほんとうによく馴れています。

h110103002.jpg

ヒ~、ヒー (はやくごはんちょうだいよ~)。と言っています。

h110103005.jpg

置かれたエサを食べています。 

でも、ほんとうに綺麗な白いフクロウになりましたね。2008年の冬の頃は、まだ成鳥になったばかりで、たくさん黒い斑点がありましたが、今は頭の斑点も薄くなりました。

h110103006.jpg

エサを飲み込む瞬間。口の中にヒヨコ!の頭が見えます。 でも何だかユーモラスで可愛いですよね。

s1101230002.jpg

そして、ウインク(?)したハリー。  あ~食べた。ってところでしょうか。


シロフクロウは飛ぶ姿もとても美しいのですが、今回撮ってみて、それとはまた別な、エサをもらうとき、食べるときの表情もまたとても可愛いいなと思いました。

ショーをご覧になるときは、そんなところも注意深く観察すると、より楽しめると思います。とにかくこの真冬の鳥は、寒くても外で見てこそです。ご来園されましたら、ぜひ見ていってください。


☆ 花鳥園から皆様へのプレゼント企画
誕生月は無料でご入園できます。

詳しくは、リンク先のブログ記事をご覧ください。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/

真冬はやっぱりシロフクロウ 

s110101006.jpg

シロフクロウの飛行ショー 午前10時30分から
1月4日 きょうは寒い真冬の季節にぜひ見てほしい鳥、シロフクロウの飛行ショーをご紹介します。

このシロフクロウの飛行ショーは、午前10時30分からのバードショーのなかで行われます。登場するのはオスのシロフクロウのハリー。ハリーは2007年の秋口に姉妹園の富士花鳥園で生まれ、その年の晩秋から掛川花鳥園に移り、翌2008年の冬から飛行ショーに登場しています。

シロフクロウは寒い北極圏の鳥なので、夏場の暑さが大の苦手。そのため当園では冬から春にかけての間のみ、このシロフクロウの飛行ショーを行っています。

1O6R1719.jpg

ショーは会場にあるつぼ型の台の上にスタッフが肉片を置き、ハリーがそれをめがけて会場内を飛ぶというスタイルで進行します。一回のショーの時間は約5分間ほどです。

s110101004.jpg

ハリーはオスのシロフクロウなので、体の黒い斑点が年とともに少なくなり、純白に近い綺麗なシロフクロウになりました。その飛行はとても優雅で、初めてご覧になる方にはかなり衝撃的な美しさがあるのではと思います。

h110103007.jpg

そして、台の上に置かれた肉片にねらいを定めて飛びつきます。

s110102005.jpg

横から。自然ではこの鋭く大きな足の爪で小動物をキャッチするのでしょうね。

h110103008.jpg

ときには写真のようにスタッフから直接エサをもらうこともあります。当グループのスタッフがヒナのときから育てた鳥なので、人間にはとてもよく馴れています。

この時、ちょっとかすれた「ヒ~、ヒ~」という、ヒナが親にエサをねだるときの鳴き声で鳴く声が聞こえます。


このシロフクロウの飛行ショーは屋外で寒いですが、寒くても風が冷たくても、雪のように白いフクロウが飛ぶ姿は、冬には冬の楽しみがあることを教えてくれます。

これから寒い日がまだまだ続きますが、このシロフクロウの飛行ショーは、雨や強風など悪天候の日以外は、毎日10時30分からの屋外でのバードショーのなかで行われますので、ご来園の折にはぜひご覧下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。