スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンムネオナガテリムク 

te101021001.jpg

10月29日 このところ曇りや雨になる日がままあり、園内で写真を撮っても、こういう日は光を使った生きいきとした写真にはならないです。ですが、こういう日は逆に光によってキツイコントラストが出ないので、鳥そのものは撮りやすいですね。そんなことで先日、スイレンプールゾーンのキンムネオナガテリムクを撮ってみました。

キンムネオナガテリムク:学名:Cosmopsarus regius 英名:Golden-breasted starling
アフリカの東部、ソマリアからタンザニアに分布し、乾燥したサバンナなどに生息し、3~12羽の小群で暮らしています。ムクドリの仲間で強い光沢のある羽を持ち、雌雄同色です。

当園ではスイレンプールゾーンに同じ仲間のツキノワテリムクとともに放たれています。大きさは尾が長いので全長30cmほどになりますが、体はツバメより少し大きいだけの小型の鳥です。

「テリムク」という名前は、羽根が陽の光によって金属的に照り輝き、ムクドリの仲間のため、この名があります。

te101025002.jpg

背中側の羽根はとても濃く美しいブルーです。そして陽の光が当たると照り輝き、見る方向によって紫色にも輝きます。

濃いブルーと黄色のコントラストがなんとも美しいです。

te101021003.jpg

空中を、ちょうどツバメのように流れるように飛び、スイレンの葉の上も平気で歩きエサを採ります。このコーナーにいるコガネメキシコほどのキャラクター性はないのですが、自然にいる野鳥っぽい感じがあり、かつ色がきれいなので、見ているだけで楽しめます。

te101021004.jpg

スイレンの葉の上から飛び立つ瞬間。飛び立つ方向がなかなか読めないので、1時間ねばった程度では、上手く取れなかったです。

k101022001.jpg

野鳥らしい鳥なのですが、それでいて人にも馴れており、インコのような積極性はないものの、人の手からエサを食べます。エサのカップを見せると、ちょっとおじおじしながらも近寄ってきます。

スイレンプールゾーンには、ペレットと果物の2種類のエサが売られていますが、この鳥はペレットのほうを食べます。

te101021005.jpg

そして手にも乗ってくれます。そんなに難しくないですよ。インコのように乗りっぱなしでなく、ほんの数秒程度乗ってくれるだけで、すぐ飛んで行ってしまうことが多いですが。でもインコのほうが力が強いので、インコが近くにいると近寄れなくなってしまいます。

テリムクは鳴き声も可愛いく、インコに比べるとかなり控えめなのですが、このスイレンプールゾーンを彩る、とても美しい鳥です。


☆ 花鳥園から皆様へのプレゼント企画
誕生月は無料でご入園できます。

詳しくは、リンク先のブログ記事をご覧ください。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


最近撮ったスイレンの写真 

su100804006.jpg

8月10日 きょうはスイレンプールゾーンで最近撮ったスイレンの花を並べてみました。当園のスイレンプールはおよそ1500㎡の広さに、100品種ほど数にして600鉢程度のスイレンが栽培されています。

そのほかにも、オオオニバスや、葉が鮮やかな黄緑色のサトイモ、オモダカ、エキノドルス類、ウォータースプライトなどの水草が茂り、ビオトープ化しています。

ご来園されるお客様は、このスイレンプールゾーンではコガネメキシコインコとのふれあいのほうが圧倒的に楽しいと思いますが、このゾーンのべースとなる広い水面とそこに咲くスイレンの花は、自然の水辺へにいるような気分にさせられます。

su100804001.jpg

プールには様々な品種が見られますが、ひときわ目立つのがニムファエアギガンティアとう、ニューギニアからオーストラリア北部に自生する野生の熱帯性スイレンです。

この花は、ガイガンティア種の白花で、ハドソニアナという品種名が付けられているものです。

su100804005.jpg

こちらは白花のハドソニアナ種と、ブルーギガンティアの交配で、当園で育成したものです。冬の寒さにも比較的強く、温室の中で水温が27℃程度に保たれていれば、一年中花を咲かせ続けます。

温室の天上は暑さを押さえるため、天気の良い日は遮光されていますが、そのすきまからもれた光がちょうど花に射していました。

su100804004.jpg

こちらはクリントブライアントという改良品種。開花初日は蘂に包まれた花の中心が見えるのですが、この花は開花2日めなので、蘂が内側に閉じてきています。花の直径は15cmくらいで、明るいブルーの美しい花です。

su100804002.jpg

池の中にはプラティーなど、小さな熱帯魚もたくさん泳いでいます。調度スイレンの葉の近くに落とされたエサを食べようと、エサをつついたらエサがどんどんスイレンの葉の奥のほうに移動してしまって、魚はそれを体を横にしてでもついついている・・・といった画です。

su100804003.jpg

このスイレンプールゾーンは、大温室の花バイキングや喫茶コーナーより暑いですが、スイレンの涼しげな花は、一時暑さを忘れさせてくれます。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


暑いから・・・ふれあいフィッシュ 

ff100801005.jpg

8月2日 連日うだるような猛暑が続いています。当園も大温室のほうはかなり涼しいのですが、スイレンプールゾーンなどは暑いです。そんなことで、きょうは今年のゴールデンウィークから行っている、ふれあいフィッシュのコーナーをご紹介いたします。

このコーナーは、スイレンプールゾーンの中央にあります。横幅の長い水槽のなかに、ティラピアの幼魚がたくさん放たれています。5月から始まったコーナーですが、ティラピアもだいぶ大きくなってきており、5cmくらいから大きいもので15cmくらいの魚も泳いでいます。

ff100801004.jpg

そして上の写真のように、手や足を入れると魚がやってきて、口で突いてくれます。皮膚の角質層を食べているようですが全く痛くはありません。くすぐったいような不思議な感じで面白いです。子どもさんたちに人気がありますが、大人の方もけっこうみんさん体験されておられます。

ff100801003.jpg

ティラピアは地味な青褐色の魚が多いですが、中にはきれいなピンクの個体も泳いでいます。

ff100801002.jpg

このふれあいフィッシュのご体験料は一回300円です。コーナーの一角にちょっとした受付とスタッフがいます。ここで体験した後、手や足を拭くペーパータオルを受け取ります。

ff100801001.jpg

そして水のなかに手や足を入れ、じっとしています。ここで手や足を少しでも動かすと驚いて去って行ってしまいますので、1分間くらい動かさずにいます。そうすると魚たちがそ~っと泳いでやってきて、手や足をついばみ始めます。

面白いですよ。

ff100801006.jpg

みなさん水遊びの感覚で楽しんでおられました。暑い夏場に楽しめるコーナーです。

ご来園されましたら、ぜひお試し下さい。



QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


午後2時からの屋内コンゴウインコショー 

k100611001.jpg

6月17日 きょうは毎日午後2時から屋内のスイレンプールゾーンで行われている、コンゴウインコの飛行ショーをご紹介いたします。

このショーは、東西に長いスイレンプールゾーンのいちばん西側。ふれあいの小道の前の場所を中心として、ふれあいの小道前のいちばん大きなスイレンプールの四隅にある大きな止まり木を使って行われます。

k100611002.jpg

ショーはお客様参加型で、一つの止まり木から、スイレンプールの対岸にある止まり木までおよそ50m以上の距離をコンゴウインコが飛ぶというもので、お客様も一緒に、こっちだよと大きく手を振ります。

k100611003.jpg

飛んできたところで、お客様みずからえさを与えられるというショー。この対岸への飛行が数回行われます。

k100611004.jpg

そのほか、フラフープを通り抜けるというショーも行っています。このショーもお客様にフラフープを持っていただいて、そこを飛びぬけるという形になっています。

k100611005.jpg

このショーに登場するインコは、ベニコンゴウインコと、ルリコンゴウインコで、屋外の飛行ショーで飛んでいる子たちとは別の個体です。

現在、ベニコンゴウとルリコンゴウそれぞれ1羽づつがショーに登場していますが、最近、ルリコンゴウの若鳥があらたに2羽仲間入りしました。

上の写真がその一羽です。

k100611006.jpg

もう一羽。この子はまだ生後半年くらいとにことで、目が大きくあどけなさが残っています。この子はまだほとんど飛べませんでした。まだ当園に来たばかりですので、これからです。

新しく入った2羽は、まだショーで活躍するまでにはなっていませんが、今後訓練して立派に飛べるように育てて行きたいと考えています。

なお園内では、この新しく入った2羽のお名前を募集しています。



QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


ふれあいフィッシュ 

f100531001.jpg

6月9日 きょうは今年のゴールデンウィークから行っている、ふれあいフィッシュのコーナーをご紹介いたします。

このコーナーは、スイレンプールゾーンの中央にあります。横幅の長い水槽のなかに、ティラピアの稚魚およそ1万匹が放たれています。

f100531002.jpg

そして上の写真のように、手や足を入れると稚魚がやってきて、口で突いてくれます。皮膚の角質層を食べているようですが全く痛くはありません。くすぐったいような不思議な感じで面白いです。子どもさんたちに人気がありますが、大人の方もけっこうみんさん体験されておられます。

f100531003.jpg

このふれあいフィッシュのご体験料は一回300円です。コーナーの一角にちょっとした受付とスタッフがいます。ここで体験した後、手や足を拭くペーパータオルを受け取ります。

f100531005.jpg

そして水のなかに手や足を入れ、じっとしています。ここで手や足を動かすと驚いて去って行ってしまいますので、1分間くらい動かさずにいます。そうすると魚たちがそ~っと泳いでやってきて、手や足をついばみ始めます。

面白いですよ。

f100531004.jpg

ティラピアは成魚になると50cmを超える大型の淡水魚ですが、ここにいるのは体長さ3cm程度の稚魚が多く可愛い魚たちです。

ご来園されましたら、ぜひお試し下さい。



QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。