スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のハクトウワシ 

7月28日 きょうは昨日撮影したハクトウワシの飛行ショーの様子をご覧いただきます。

昨日もうだるような暑さで、屋外でのショー観覧はなかなか厳しいものがありましたが、こんな暑さの厳しいときにこそ、巨大な怪鳥を撮るというのも・・・と変なことを思い、そういえばハクトウワシは今春の3月以来特集で紹介していないし・・・というこで、撮ってみることにしました。

ハクトウワシ 学名Haliaeetus leucocephalus 英名:bald eagle
北アメリカ大陸の沿岸部に広範囲に分布。海岸や川沿い、湖沼の近辺に生息し、主に魚類を捕食する。アメリカ合衆国の国鳥。

080727006.jpg

久しぶりにハクトウワシを撮りましたが、相変わらず大きいです。翼長2m、体重約4kgほどあり、まさに怪鳥と言える猛禽です。

このショーも、基本的にはフクロウの飛行ショーなどと同じく、エサによって止まり台から腕へ数回飛ばせることでショーを進行させます。

080727003.jpg

ハクトウワシなのですが、この鳥はまだ若いので頭が白い羽根で覆われていません。生後数年経つと白くなるそうです。

080727001.jpg

掛川花鳥園には、オス、メス 2羽のハクトウワシがいますが、この個体はメスで、名を「タタナギ」といいます。聞きなれない言葉ですが、これはアメリカインディアン(ネイティブアメリカン)の言葉で「風」を意味する言葉だそうです。

080727007.jpg

ギャリーさんの腕に止まる瞬間。ちょっと分かりにくいですが、ギャリーさんは通常のグローブの上に保護のためもう一枚大きな皮製のグローブを重ねてはめています。タタナギの爪は先端が切ってありますね。

080727002.jpg

ギャリーさんが手に持った肉片をたべるタタナギ。お客様の目の前に飛んでくるのでどよめきが起こります。


080727005.jpg

およそ6~7回、エサを与えながら飛ばせたところで、ショーは終了となります。時間的にはおよそ5分くらいでしょうか。


暑さがたいへん厳しい日が続きますが、ご来園の折には見ていってくださいね。


コメント

雁ちゃん さんへ

たくさんコメントいただき有り難うございます。

当日私はいなかったのですが、本日花鳥園に行ってスタッフからも聞きました。カモさんがやられてしまったそうで、現在療養中だそうです。

タカがカモに向かって行くことは、以前にもごくたまにあり、私は襲われたところを見たことはありませんが、いつもはスタッフがカモなどがいると会場から除けています。この日はちょうど運が悪かったのでしょうね。

20日に来園させて頂きました。
飛行ショーはホームページで見て、他では中々見れないので楽しみにしていました。午前の一回目を見ました。

この日はお天気も良く、日差しが暑く、少し汗ばむ陽気でした。
ショーを行う広場の池側に大きい「壷」があり、その日陰に鴨が二羽休んでいました。
ショーが始まり、何回か飛び、「壷」の上に「鷹」がとまりました。そうしたら下に居る「鴨」の一羽に突然襲い掛かりました。

ある意味、別の「鷹のショー」が始まりました。幾ら飼いならされているとは言え、何時「野生の本能」が出るかは予想がつかないと言う事を見せられました。
襲われた「鴨」は災難でしたが、本来の「鷹」の姿が見れたと言う事は勉強になりました。このために途中で「鷹のショー」は中止になりましたが、その分、「フクロウ」と「コンゴウ」の鳥達がカバーしていました。

滅多に見られない、貴重な場面が見れて良かったです。
今度は放鳥する時は一度、周りを見回して行うと宜しいかと思います。

有難う御座いました。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/95-5dfe9ac3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。