スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロエリセイタカシギ 

8月3日 きょうは大温室のいちばん奥の、「水辺の鳥とのふれあいゾーン」にいるクロエリセイタカシギを紹介します。

クロエリセイタカシギ  学名:Himantopus mexicanus
チドリ目セイタカシギ科に分類され、北アメリカ南部からペルー、ブラジルにかけて分布しており、日本にも分布するセイタカシギの亜種になります。またクロエリセイタカシギ自体、放鳥によって放たれたものが国内で帰化しているとも言われています。

0807250001.jpg

当園のクロエリセイタカシギは、2005年に奈良県の有名な花鳥画家・上村淳之氏から譲り受けたもので、現在園内に200羽弱がいるほか、神戸花鳥園やや松江フォーゲルパークなどでも飼育されています。

0807250002.jpg
今ではこの鳥も、お客様の手からエサを食べるようになって久しいです。

0807250003.jpg
エサを食べている様子。なんだか箸で摘まんでいるみたいねすね。



動画でも撮ってみました。この場所はたくさんのシギがいるので、いつもこんな感じで鳴き声が響き渡っています。

0807250004.jpg
この鳥はよく観察するとオスとメスがわかります。オスは背中の黒い部分の羽根が真っ黒ですが、メスは濃茶褐色です。

この2羽は、メスが首を低くして尻を上げ、同じポーズをしているところを、オスがせわしなくメスの周りを歩いていました。

0807250005.jpg
何やってるんだろうな・・・と思っていたら、突然オスがメスの上に飛び乗りました。 交尾 です。

0807250006.jpg
乗っている間は2秒くらいで、その後オスはさっと降りて、写真のように翼を広げメスを抱え込みくちばしでメスのくちばしを押さえました。 このポーズはたまたま・・ではなくて、一連の交尾の仕草のようです。

スタッフによると、時々交尾は見られるのですが、産卵までには至っていないとのことでした。神戸花鳥園では、シギが産卵し子育てをしていますが、掛川の施設内には所狭しとシギがいるので、なかなか卵も生めないのかもしれませんね。

080726000001.jpg

ものに動かされる心を捨てた出家の身にも、えもいわれぬ情趣をおぼえさせられる。鴫の飛び立つ沢の、この秋の夕暮れ。


コメント

せーさんへ

どうもありがとうございます。北アメリカ産ながら、ほんとうに和風の趣を感じさせる鳥なんですが、如何せん200羽弱もいますと、施設内は鳴き声が充満してとても賑やかです。花鳥画的な写真を撮るなら、今の十分の一の数でもいいくらいです。オオハシはなかなか貪欲で、シギのエサはペレットで、フルーツではないのに、人がえさを与えているとほしがります。いつもの普通の光景ですよ。

最後の数枚の写真はモノトーンが効いてて花鳥園さんらしい落ち着いた「和」を感じます。

動画でも一瞬横切ってましたが、餌をもらってるクロエリセイタカシギを羨ましそうに見ているオオハシさんがかわいいですね。

よっちぃさんへ

コメント有難うございます。この鳥はほんとうに花鳥画になる静寂な趣のある鳥なのですが、当園のように一ヶ所にたくさんが群れていると、鳴き声もうるさいほどですし、花鳥画のような写真もなかなか撮れないのでちょっと残念です。導入初期の頃は、数も少なかったのですが、その後殖えてしまって・・・キンケイも上村先生からお譲り頂いた鳥ですし、オオサイチョウは横浜からです。シギは交尾はするようですが、産卵まではいかないようです。産卵・・といえば、またアフリカレンカクが孵ったそうです。あの鳥はよく繁殖しますね。

クロエリセイタカシギ

今日は!暑い日が続く中、楽しい話題を有難う御座います。
今日はクロエリセイタカシギ、ですね。この鳥、花鳥園ではショウジョウトキや他の鳥もいるのでにぎやかな感じですが、水辺でモノトーンにピンクのアクセントのこの鳥が一群になっていると、静謐な感じがします。
上村淳之さんの日本画はまさにそんな感じです。以前上村さんがこの鳥と一緒の写真もお見かけした事があります。
今は花鳥園に移っているとは、びっくりしました。神戸のキンケイ/しわこぶサイチョウも横浜から来ているのですよね。皆花鳥園で更に美しく、幸福な様子で生活していて、本当に嬉しいです。皆様の愛情の現われだと思います。頑張ってください。
(交尾の様子もあり、いずれ子育ても、と夢が広がりますね)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/94-7a8c8a7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。