スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニオオハシ 

7月20日 きょうは水辺の鳥のふれあいゾーンにいる、オニオオハシをご覧いただきます。

このコーナーは、クロエリセイタカシギやショウジョウトキなどの水鳥とともに、オオハシ類、エボシドリ類などもいっしょに放たれており、オニオオハシは現在5羽ほどがいます。

このコーナーでも、エサを見せるとすぐに鳥たちが集まって来ますが、そのなかでも一番強いのがオニオオハシで、真っ先に飛んできます。

080717002.jpg

今回ご紹介する写真を撮ったのは7月17日で、この日は平日だったのでお客様も少なめでしたが、お客様が少ないほうが、スタッフも来られる方皆さんに声を掛けたり、代わりにカメラのシャッターを押してあげたりできているようでした。

注意:オオハシを腕に乗せるときは、紺色の腕袋がエサの販売コーナーの横に置いてありますので、この腕袋をはめてお楽しみください。

080717005.jpg

カメラを片手で持って、エサをあげながら撮ってみました。大きなくちばしはプラスチック素材のような感じで、見た目よりずっと軽そうです。

080717001.jpg

どんどん食べてしまうので、手を握って出さないようにしましたが、こじあけて食べてしまいます。くちばしがとても器用です。

080717004.jpg

木に止まったオオハシにエサを投げて、キャッチさせていた方がおられました。上手に食べますよ。また試してみてくださいね。

080718000001.jpg

ちょうどご来園されていた小さなお子さんを連れたお客様。この子も最初はやっぱり怖がっていました。これくらいのお子さんだと、普通の反応ですが、スタッフも手伝って近くで見せているうちに、怖さも減っていきました。

080718000002.jpg

そして、最後はちゃんと腕に乗せることができました。

週末や休日のお客様が多い日だと、なかなかふれあうことができない方も多いと思いますが、平日ならこんなふうに、ふれあいもじゅうぶん楽しめます。これから暑い日が続きますが、ぜひお越しくださいね。



コメント

ミカさんへ

コメント有り難うございます。
当園の鳥はあんなふうに馴れた鳥が多いので、初めて来られるとびっくりが多く、感動するんじゃないかと思います。水辺の鳥ゾーンのオニオオハシも、エサを見せるとさっそく寄ってきますから、ほんとうによく馴れたと思います。

このオオハシ、南米の鳥なのですが、現地ではパパイアの実などを食べる害鳥なのだそうです。日本のカラスみたいな。だから現地では人が近づくと逃げるのだそうです。その鳥が向こうから寄ってくるので、ブラジルの人には驚きなのだそうです。 所変われば・・ですね。


乗られました

7月26日に遊びに行きました。
本物のオニオオハシを初めて見たんですがクチバシの大きさに感動したと同時に、マーク君がカゴに入れられていたので凶暴な鳥なのかな…と思ってました
ふれあいコーナーに行ったらエサ箱のところでオニオオハシが待ち構えてたのがおかしかったです。よほどエサが欲しかったんでしょうね。
ここのコーナーで他の鳥にエサをあげてたら、エサ箱にいたオニオオハシが私の左肩に乗ってきてエサを食べ始めたんです
羽音が全然しなかったのでびっくりしましたが、飼育員さんが乗せてくれたワケじゃないのに自分から乗ってきてくれたのがとてもうれしかったです
思ってたより軽いんですね。

ちなみにインコにもエサをたかられました…。
エサだけじゃなく、髪の毛や耳まで噛み噛みされました(笑)

私は鳥が大好きなのでとても幸せな1日でした。
また遊びに行きたいと思います

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/88-f522362a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。