スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きれいになったワライカワセミ 

w110215005.jpg

2月16日 きょうは毎日午前11時30分から手に乗せてふれあいが楽しめる、ワライカワセミをご紹介します。

ワライカワセミ 学名:Dacelo novaeguineae  英名:Laughing Kookaburra
オーストラリアに分布する大型のカワセミの仲間で、近年ではタスマニア島やユージーランドにも移入され分布を広げています。くちばしを高く掲げてとてつもなく大きな笑い声のような鳴き声で鳴くため、この名があります。これは縄張りを主張するためと言われています。

w110215003.jpg

昨年の9月の末に仲間入りして、11月よりふれあいが楽しめるようになったワライカワセミ。このブログでも度々ご紹介しました。
昨年の秋に当園に来て、その当時は羽根がちょっと傷んでいて、写真も撮りづらかったのですが、最近新しい羽根も生えてきて、見違えるほどきれいになって来ました。

昨年末頃に名前を募集していたのですが、どうなったの・・とのお客様からのコメントに、スタッフに聞いてみましたが、曰く「いや~。まだ決まってないんですよ・・・」とのことで、経営者サイドでまだのようです。ご応募くださった皆様には申し訳ありません。

w110215002.jpg

比較的地味な体色の鳥ですが、ポイントは翼の薄水色の斑点。薄いトルコ石のような色で陽の光に少し輝き、なかなかおしゃれです。

w110215004.jpg

ふれあいは、毎日午前11時30分より、ふれあいゾーンのフクロウコーナーにて、オウムのタイちゃんたちと一緒に行われています。

今ではすっかりお客様にも馴れて、とても大人しく小さなお子さんでも楽にふれあいが楽しめています。

w110215001.jpg

この子は普段はふれあいの小道のケージにいます。そして園内アナウンスが流れると、それに合わせて「ク、ク、ク、ク、ク、カカカカカァカァカァカァ…」と、甲高い声で笑うように鳴きます。大型インコのように鼓膜にジンジン響くほどの大声ではないですが、けたたましくうるさいです。

w110215006.jpg

ワライカワセミはオーストラリアを代表する野鳥、。当園ではこんなふうに、普通にお客様とふれあいが楽しめる鳥になっています。毎日午前11時30分から、フクロウコーナーでふれあいが楽しめますので、ぜひ手に乗せてみてくださいね。

コメント

Re: きれいで立派に!!

コメント有り難うございます。そうでしたね。昨年の末頃はまだ羽根が痛んでいた感じでした。私もちょっと写真が撮り難かったです。でも今はだいぶ綺麗な感じになってきました。 そして名前ですが、スタッフに聞いたところ、まだ決まっていなくて、上(経営サイド)で止まっている・・とのことでした。すみません。早く決めてほしいんですけどね。

きれいで立派に!!

こんにちは。
年末にお邪魔し、ワラちゃん(仮)にふれあわさせてもらいました。
その時はまだ羽や嘴がちょっと傷んでましたが、とってもきれいになって、さらに立派になった感じですね!
そういえば、お名前募集してましたが決まったんでしょうか??
また会いに行こうと思います~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/778-8fb46642

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。