スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロフクロウ「ハリー」のショー 

101213001.jpg

12月18日 今日は冬の間の飛行ショーのスター、シロフクロウのハリーをご紹介いたします。今年も16日からハリーのショーが始まりました。掛川花鳥園ではハリーのショーが冬の目玉になっています。

20101209003.jpg

シロフクロウ 学名:Bubo scandiacus 英名:Snowy Owl

和名、英名の通り、雪のような白さが特徴の大型のフクロウで、北極圏のツンドラ地帯で暮らしています。暮らしている場所が極寒ですので、寒さに対してはめっぽう強く、耐寒性が最も高い鳥類の一つといわれています。
フクロウの仲間は性別の見分けがつきにくいものが多いのですが、シロフクロウに限っては別で、大人のオスはほとんど純白になり、メスは、黒い斑点状の模様が入ります。

ハリーは今から3年前、2007年の秋に姉妹園の冨士花鳥園にて生まれ、その年のうちに掛川花鳥園へやってきました。シロフクロウは寒さに強い一方、暑さには弱く、日本生まれのハリーといえども、日本の夏は大変なようです。ハリーのショーはこういった事情から春までの期間限定で行われているのです。

101213004.jpg

101213003.jpg

オスは幼鳥の頃は黒い斑点状の模様が入り、年を経るごとに白さが増してゆきます。ハリーも幼い頃は、黒い模様が多くありましたが、年々模様が抜けていき、真っ白な大人のオスになりつつあります。

ただ、今年1月と12月では写真を見る限り、ほとんど変わっていませんね。

20101209001.jpg

ハリーのショーはショー会場脇の池の対岸から会場へ、ハリーが飛んで来るところから始まります。

20101209005.jpg

また、このショーは他のフクロウやタカのように腕に乗せたりせずに、会場の四隅に置かれた壺にエサを置くことで、ハリーがエサを食べながら、壺の間を飛び渡って進行します。

20101209004.jpg

真っ白なフクロウが飛ぶ様子はとても美しく優雅で、気品すら感じます。花鳥園グループ以外ではなかなか見ることができないショーですので、寒い時期ではありますが、ご覧になる価値はありますよ。是非ご覧ください。

文・写真 西村

☆ 花鳥園から皆様へのプレゼント企画
誕生月は無料でご入園できます。

詳しくは、リンク先のブログ記事をご覧ください。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/739-cdd349c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。