スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月21日(日)の園内景 

今日は11月21日(日)の園内の様子をご紹介いたします。

yn101122009.jpg

この日は朝方こそ寒かったものの、良く晴れていて、日が昇るごとに気温がどんどん上がり、まさに小春日和といったところでした。お昼頃には温室内では上着が要らないほどでした。

yn101122004.jpg

後日詳しく紹介しますが、温室入口では姉妹園の加茂花菖蒲園で改良されたオリジナルのネリネが展示されています。神戸花鳥園では毎年ネリネの展示があるのですが、今年はネリネの花がたくさん咲いたため、数年ぶりに掛川花鳥園でも展示されることになりました。
ネリネはアフリカ原産のヒガンバナの仲間。白や赤、ピンクに咲く花は太陽光に当たるとラメを散らしたようにキラキラ光ります。

yn101122008.jpg

温室のインパチェンスは暑い夏場を乗り切り、色とりどりの花をつけています。

yn101122006.jpg

午後1時のショーではデビューして1カ月ほどになる新人、オナガフクロウのしっぽなちゃんが登場。
中型のフクロウで、ショーによく登場するベンガルワシミミズクに比べるとずっと小さく見えます。

yn101122005.jpg

ちょうど当園のCM撮影があり、撮影に快く協力してくれた男の子がしっぽなちゃんを呼ぶと、元気よく飛んできてくれました。
しっぽなちゃんのショーはスタッフによるショーとは別に、お客様の参加型のショーがあります。1フライトのみですが、手袋をはめたお客様の元へしっぽなちゃんが飛んでいきます。

yn101122001.jpg

その後、ショーはヘビクイワシのキックちゃんに交代。ゴム製のヘビさんにくり出す、キックちゃんの空中キックは強力で、もう一羽のサハラちゃんと合わせると、今のヘビさんは4代目。
4代目のヘビさんも首にテーピングをしてショーに参加していて、まさに身を削っての出演です。

yn101122002.jpg

今日のキックちゃんはノリノリで、床に伏せてしまったヘビさんにこれでもかとキックの嵐。5代目の登場も近いと感じたショーでした。

ヘビクイワシのショーが見られるのは日本広しといえど、掛川花鳥園のみ。

ヘビクイワシに加え、新人しっぽなちゃんのお客様参加型ショーでますます盛り上がる掛川花鳥園へ是非ご来園ください。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/724-8c609972

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。