スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真コンテスト 2010 入賞作品の紹介 その4 

11月24日 今日は前回に引き続き、加茂花菖蒲園写真コンテスト2010 から、 最優秀賞以下の入選作品をご紹介いたします。

加茂花菖蒲園は、掛川花鳥園と表面的には全く性格の異なる園で、ご来園されるお客様の相も異なりますが、「自然や生物との共存」という当グループのコンセプトは、この加茂花菖蒲園で何十年来、自然や生物とともに生きて、その想いが原点となって生まれてきたものです。


kpc101119006.jpg

最 優 秀 賞  松島平八郎  新緑に冴える
昨年まではなかったような気がしたのですが、花菖蒲園に吊り棚の花をプラスした画面構成には、新鮮さがあります。見所が増えたと共に写真撮影にも拡がりが出て来ました。吊り棚の花に露出を合せたことで、花菖蒲の部分が露出オーバーとなり、結果、明るく再現されました。吊り棚の花、新緑と花菖蒲が美しいコントラストを見せています。季節感に溢れ、華やかな雰囲気に包まれた作品に仕上がりました。

kpc101119005.jpg

技 術 賞  榊原勇夫  ウワーお花がいっぱい
花菖蒲園での母子、楽しそうな情景が画き出されています。緻密で無駄のない計算された画面構成。中でも、母子の位置、お嬢ちゃんと花菖蒲の位置関係、その笑顔を捉えたシャッターチャンスの良さが光ります。玄人好みのする巧い完成度の高い作品といえるでしょう。

kpc101119004.jpg

芸 術 賞  鷹野節二  特等席からの眺め
花菖蒲の観賞席とでも言うのでしょうか。野外の花菖蒲に露出を合せることで、手前の人物がシルエットになり,とても効果的で、芸術賞に相応しい雰囲気のある作品となりました。横への拡がり感というか、奥行感を再現させたカメラアングルは特筆ものです。

kpc101119003.jpg

社 長 賞  村木寛法  花勝負
女性と奥の菖蒲の真っ向勝負!被写体の女性からは「私が勝ちよ。」と聞こえてくるかのよう。カメラマンも「うちの妻(想像です)の方が綺麗!!勝負有!」という言葉が伝わってきそう。まさに「勝負!」感じます。いいですね。

kpc101119002.jpg

静岡新聞社賞  松井久江  静寂のひと時
緑と紫のコントラストがとてもよいです。菖蒲真盛りの時期に(他のお客様が写りこんでおらず)着物姿の女性だけ被写体にとらえているところは偶然でしょうか。映画のワンシーンのようです。

kpc101119001.jpg

掛川観光協会賞  西森貞晴  菖蒲見頃ですよ!
加茂花菖蒲園だけではなく地位全体の雰囲気をよく表しています。掛川の山里ののどかな風景、大空に浮かぶ雲のバランスのよさ、さらには南アルプスをも風景の一部です。地域の中の花菖蒲。素適です。(第二東名も写りこんでいますがまったく違和感がありません。上手ですね)

次回は、掛川花鳥園の入賞作品をご紹介致します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/721-d2b604d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。