スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日の園内景 

11月4日 今日は11月3日の文化の日に園内をぐるっと回った時の様子をご紹介したいと思います。

昨日は、雲ひとつ無い晴天でしたが、昼になっても気温が上がらず、冬がすぐそばまで来ていることを実感する日でした。

風も強かったため、エミュー牧場前でのバードショーは、予定していた10時30分からのコンゴウインコのショーを取り止めることになってしまいました。期待していただいたお客様には大変申し訳なかったです。

n101103001.jpg

10時30分のショーではベンガルワシミミズクのニコちゃんが登場。スタッフの小澤さんの腕へ向かって飛んでいきます。写真からもわかるように、フクロウは腕に止まる際、翼を広げて勢いを殺し、止まっています。

強い追い風が吹くと、うまくブレーキがかけれないため、ニコちゃんにとって追い風とならないよう、小澤さんは立ち位置を選んでいました。

n101103007.jpg

ショーの後のふれあい体験では、ニコちゃんと同じベンガルワシミミズクのルナちゃんが記念撮影。羽毛が厚く、身体が大きく見えるため、重そうですが、体重は1キロくらい。若い女性にも問題なく腕に乗せて、記念撮影が出来ます。

n101103005.jpg

大温室では頭上のインパチェンスは夏場の暑さから開放されたためか、花付きが良くなってきました。たくさんの花で頭上を彩り、驚嘆されるお客様もたくさんおられました。

花の数がいちばん多い春先には、とても及びませんが、今年の夏はとても暑さが厳しく花もあまり咲いていなかったので、それからすると、かなり咲いてきたという感じです。

n101103004.jpg

先日のブログでも紹介しました、クロツラヘラサギたち。大変慣れているため、手のひらを握ってちらつかせると、おやつが入っているかと思い、幅広いクチバチでつついてきます。

くちばしの手触りはほんとうにプラスチックのよう。全く痛くはありません。

n101103002.jpg

良い子はだましたりせず、ごはんをあげてくださいね。

e101104001.jpg

水辺の鳥のふれあいゾーンです。クロエリセイタカシギや赤いショウジョウトキが、いつものようにお客様からエサをもらっていました。このクロエリセイタカシギも最近詳しく紹介していないので、また一度、特集でご紹介したいと思っています。


10月下旬から12月初旬にかけては、気候も穏やかで温室の中なら温かいし、春先から連休の頃のような混雑もなく、のんびり鳥たちと触れ合えます。

年間を通しても快適な、とても良いシーズンです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/712-5efebc16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。