スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掛川のインコ その5 

6月10日 久しぶりにインコです。

最近、花鳥園の鳥の解説パネル用の写真を撮っていまして、それも単なる鳥の姿ではなくて、手からエサをもらっているところをそのままパネルにしようということで、そういう写真を最近撮ってきましたので、ご紹介します。

080610002.jpg

6月10日 きょう撮り分の追加。キエリヒメコンゴウインコです。換羽(とや)中で顔や頭にツンツンの羽根の生え始めがいっぱいです。「ふれあいのこみち」にいます。

080610001.jpg

こちらはアカハラヒメコンゴウインコ。「赤腹」というほど腹部は赤くないです。下腹部がやや茶色なくらい。その代わり目の周りが黄色で、この部分の方が目を引きます。この鳥は、人からエサを摂らないようで、仕方ないですが、こんなカットになりました。「ふれあいのこみち」にいます。

0806094.jpg

この鳥は、コセイガイインコの体色が黄色い個体で、通称「レモンロリキート」と呼ばれている種類です。ヒインコ科のこの仲間は、野生では花の蜜や果物を食べているので、花鳥園の子も果物が大好きです。スイレンプールゾーンに2羽だけいますが、よく飛び交っているので、オオホンセイのベイビーより接触度は高いです。

0806091.jpg

「ふれあいのこみち」のアケボノインコ。花鳥園のアケボノは、アケボノインコとしては大型でちょっとワイルドな趣があります。13羽がいますが、人の手からエサを食べる子は5羽くらい(2羽くらいと書いたのですが、もっといるそうです。)です。けっこう人なつこく、寄って来てくれますよ。

0806097.jpg

スイレンプールに3羽いるサメクサインコ。オーストラリアに生息する種類で、セキセイインコの大型版のような感じのインコです。コガネメキシコのようにフレンドリーではないので、人の手からエサをもらうのは、スタッフによるとまれだそうです。運良く手に止まったらラッキーかも。

0806096.jpg

「ふれあいのこみち」のヒメコンゴウインコです。コンゴウインコの小型版のようなインコで、体長約50cmほど。この鳥は、人の手や腕には止まらず、こんな感じに金網に止まっているか、木の枝に止まったままです。エサは欲しがるのですが・・。

080609001.jpg

「ヒメ」といってもそこはコンゴウインコ。やはり大型のインコです。

0806092.jpg

ルリコンゴウインコルリちゃん。花鳥園がオープンした当時から「ふれあいのこみち」にいる子で、最近、スタッフの手になら乗るようになってきました。現在手乗り訓練中です。

0806093.jpg

可愛いですね。スタッフには馴れていますが、機嫌の悪いときもあるそうなので、近くでご覧になりたい場合は、スタッフにお問い合わせください。


コメント

トレ-ナーの松本さん久し振りです。流石ですね あの ふれあいのこみちのルリちゃんが手乗りになったなんて素晴らしい あとすこしで コンゴウインコショウーの開演ですね。   楽しみにしています。   

  • [2008/06/25 22:44]
  • URL |
  • アンソニーアンクル
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

りっくさんへ

どうも有り難うございます。2羽と書いてしまいましたが、昨日スタッフに聞いたら、最初は2羽だったけど、5羽くらい来るようになりました。と語っていました。それでも来てくれる子はよく来るようになってきましたので、ふれあいは比較的簡単なほうです。またご来園くださいね。

アケボノインコ、手にのって餌を食べてくれるまでかなりねばりました。
手にのってきてくれたのですが
13羽のうちの2羽だったんですかね!
可愛いインコです。

サメクサインコも用心深くて餌とってぱーっといっちゃいました。
写真で見るときれいなインコですよね。
また行きたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/65-1901ba75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。