スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンソニー 

6月5日 きょうはヨウムのアンソニーをご覧いただきます。

この子は、花鳥園がオープンして2年目からいる子で、当時から今までずっとお客様を楽しませてきた一羽です。今でもお客様に人気の高い子です。アンソニーは、大温室に入ってすぐ、ふれあいゾーン入り口にいます。

アンソニーの写真は以前から撮っていたのですが、最近、いろんな鳥が生まれたりで話題満載だったため、ずるずると先送りになってしまいました。きょう、お客様からメールで、最近はどうですかみたいなコメントが寄せられましたので、追加で撮って、きょうはアンソニーでUPしました。

08060401.jpg

アンソニーはヨウム(洋鵡)といって、アフリカの西海岸の森林地帯などに生息する大型のインコの仲間です。一見地味な鳥ですが、尾羽が鮮紅色なのがチャームポイントです。そして何といってもヨウムの特徴は、その知能の高さで、鳥のなかでいちばん頭がよく、知能が人間の5歳児くらいに匹敵すると言われています。おしゃべりも上手で、個体によりますが、良くしゃべる個体は100語彙くらいは軽く話し、TPOに沿ったおしゃべりも可能など、おもしろい鳥です。

その上、大型インコにしては性質も比較的おとなしく、大声を出さないため、ペットバードとしても非常に人気が高いインコです。

08060402.jpg

さて、アンソニーは2004年の秋に掛川花鳥園にやってきました。まだ幼鳥の段階でやってきたので、今年で4歳です。

アンソニーは言葉のほうは、「ハロー」とか「オハヨー」、「ホーホケキョ」、「アンソ、アソボー」とか、いろいろ話すし、朝のうち誰もいない時は、一人で長いことぶつぶつ話しているそうです。

08060404.jpg

この鳥については、私より受付や売店のスタッフのほうがずっと知っているので、書くのも申し訳ないのですが、何か追加で書いてほしいことがあれば、管理者だけへのコメントくださいね。

08060403.jpg

スタッフにはよく馴れていて、こんなふうにごろーんとひっくり返すこともできます。

08060405.jpg

可愛いですね。ヨウムは知能が高い分神経質な鳥でもあり、毛引きといって、自分で自分の羽根をかじってしまうクセが起こることがありますが、アンソニーはそうはならず、良かったなと私は思っています。

08060406.jpg

止まり木に返したら、「もっとあそぼーよー」って翼をバタつかせていました。


コメント

か、かわいすぎる!!

久しぶりにアンソニー見れてよかった!またアンソニー見に伺います!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/60-1bf0d85c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。