スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくれんぼ名人「十三君」 

IMG_7856.jpg

1月6日 今日は、久しぶりに十三(じゅうそう)君を撮ってきたのでその紹介です。相変わらず小さい体なのに鋭い眼差しですね。写真を撮るたびに睨まれてます。

アメリカオオコノハズク
学名:Otus asio 英名:Eastern Screech Owl
カナダ南部からメキシコにかけて分布する小型種です。樹木の肌にそっくりの色彩で、木に止まって眠っている時など、木の肌と見分けがつかないほどです。
十三君は、2004年の春先に、当園で生まれました。当園で生まれて育った鳥としては、いちばん古くからいる子の一羽です。体の大きさは体長約15cm弱ほどで、一見地味ですが、丸っこくてよく見るととても可愛い小型のフクロウです。

IMG_8048.jpg

こちらは別の日に撮った写真です。どこにいるか分かりますか??実は、切り株の穴の中にいます。ほとんど同化していて分からないですね。私も最初は、「あれ?十三君がいない・・・」と思ったぐらいです。

IMG_8056.jpg

アップで撮ってみました。頭の方はまだわかりますが、お腹の部分はまったくと言っていいほど見分けがつかないですね。進化の過程で、天敵に見つからないように木と同じような色や模様になったんでしょうね。そんな十三君には「かくれんぼ名人」の称号をあげても良いかもしれませんね。

IMG_8250.jpg

そんなかくれんぼ名人の十三君、そのせいで見過ごされることもしばしば・・・
運よく見つけたお客様からは、「見てみて!木と同化してる!!」など、さまざまな驚きの声を聞きます。

IMG_8148.jpg

かくれんぼしている姿はたまにしか見ることができません。普段はこの写真のように切り株の上で過ごしています。切り株の中にいる姿を見かけた方は、運が良いのかもしれませんね。

当園はたくさんの鳥がいて、広い温室の中をコガネメキシコやエボシドリが何十羽も飛び交っていたり、そうしたたくさんの鳥たちを見られる、ふれあえるという楽しみ方もありますが、今回の十三や、同じフクロウの仲間のポポちゃんにケンちゃん。オオハナインコのすばる。ヨウムのアンソニー、ドリー、コンゴウインコの晴夏に、タイハクオウムのタイちゃん、それに新しく仲間入りしたコバタンのコバちゃんなど、強いキャラクター性をもっている鳥たちもいて、そんな鳥キャラたちとふれあったり、行動などを注意して見ることも、当園のマニアな楽しみ方なのではと思います。(波照間)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/490-72e46793

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。