スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使のラッパ 

b091220004.jpg

12月24日 クリスマスにちなんで、昨年はオオバタンのサンタ君が登場しましたが、今年は花ということで今園内でさかんに咲いている「天使のラッパ」、エンジェルストランペットをご覧いただきます。

英名で「天使のラッパ」を意味するこの植物は、ナス科ブルグマンシア属(Brugmansia)に属し、熱帯アメリカ高地を原産とする木本性植物です。

日本で普及し出したのはここ20年ほど前からですが、温暖な地域では越冬しますので、最近では夏場によく花を見かけるようになりました。

当グループでこの植物に着目したのは、成長が早く、挿し木でも一二年で立派な大木に仕立てることが可能であることや、周年花が咲く性質を持っていることからです。しかし周年とはいっても実際には波があって、咲く時期と咲かない時期があります。

b091220003.jpg

そしてこの12月は、秋の間に育った茎から花の咲く季節で、温室内にあるエンジェルストランペットの多くが、今花を付けています。

花色はさまざまで、白、濃いピンク、赤、オレンジ色など。品種も花鳥園のオープン当初は100品種ほどあったようですが、現在では鳥にだいぶ食べられてしまって、品種数も減ってきているようです。

b091222001.jpg

清楚な白花。陽を浴びてお洒落なルームライトのように輝いていました。

b091220005.jpg

こちらは珍しい八重咲きの花。当園オリジナルの八重咲きもありますが、こちらはヘレンホイザー ゲルテンという品種です。

b091220006.jpg

長さ30cmを超えるトランペット状の花ですが、下から見上げても綺麗。ピンクフェバリットという品種です。

b091220001.jpg

エンジェルストランペットの木立は、鳥たちの格好の休憩場、または齧り場となっています。テリムクもかわいい声でさえずっていました。

b091220002.jpg

ちょうどハルクインコンゴウインコの晴夏(はるか)と松本さんがいたので、エンジェルストランペットバックに晴夏ちゃん! は~い! をやってもらいました。

このエンジェルストランペットは、スイレンプールゾーンの脇役的な存在ですが、花が咲くと大きな花を咲かせ甘い香りを放ちます。最近はコガネメキシコインコに齧られて、ちょっとさみしくなっていますが、もっと見直しても良い花だと思います。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/480-7b962994

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。