スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉛筆画 タイが表彰  2009年8月20日 中日新聞より 

こんにちは波照間です。
10月13日 今日は少し趣旨を変え、当園の鳥モデルにしそれを鉛筆画で描き、世界的な表彰をされた方のお話をしたいと思います。

掛川市下俣の鉛筆画家、中上愈悟(なかがみ まさのり)さんが、これまでの活動を評価されてタイ国文大臣賞を受賞されました。11月28日から12月1日までバンコク都立美術館で開かれる「赤十字-永遠の愛芸術展」に作品「ムサシ」を出展、寄贈するとともに賞を受賞するそうです。

m091009001.jpg

この「ムサシ」は、当園のトルクメニアンワシミミズクのムサシと、その飼育係の女性を描いた作品です。2007年に東京で開かれた展覧会で、タイのソムサワリ王女の目にとまり、バンコク都立美術館で開かれる「赤十字-永遠の愛芸術展」への出展と受賞が決まりました。

王女は、独自のエイズ基金を設立するなど対策に取り組んでおり、同展は世界エイズデー招待展覧会として開かれます。中上さんは『同展の趣旨を通して、タイのエイズウイルス感染者の多さに驚いた。薬剤や食糧援助はもちろん、心のケアも大切と感じた。』と話し、『タイの子供たちが絵を描く楽しさを知り、夢を持ってもらうため、市民に呼びかけてスケッチブックや鉛筆、消しゴムを送りたい』と地元掛川市の松井市長に提案しました。
当園も中上さんのこの志に賛同し、鉛筆や消しゴム、メモ帳などを寄贈しました。
中上さんの作品の一部は、『Art Journal  37号』や『美人画』などの雑誌に掲載されています。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


コメント

よめこさんへ

湖面とありがとうございます。

すごいですね!サメクサインコはスタッフにもなかなか乗らないんですよ。
20分粘った甲斐がありましたね。

ハルカちゃんは結構好き嫌いが激しい子なのできっとよめこさんはハルカちゃんの
タイプだったんでしょうね。
また是非遊びに来てくださいね。

先ほどのコメントで、インコの名前、変なこと書いちゃいました。
サメクサインコちゃんですよね。

あと、ハルカちゃんに何度もお返事してもらえたのもうれしかった☆です。

また会う日まで、みんな元気でいてね~。

昨日、初めて掛川花鳥園に遊びに行きました。

二人の息子は大喜びで1日楽しく過ごさせていただきました。

ある時、はしゃいでいたはずの息子が、気づくと1本の木の下でじっと、まるで自分が木になったかのようにしていました。
ふと上を見るとあのブログで紹介されていたサクサメインコちゃんがすぐそばまで来ていました。

粘ること約20分、ようやく息子の腕に止まり手の上のりんごを食べてくれました。

私もカメラを構えて待っていたのでその瞬間をカメラで撮ることに成功しました。

ほんの数秒でしたが、息子も私も大満足です。

その他にもいろんな鳥達と触れ合えてとても楽しかったです。
息子達も、今まで遊びに行った中で1番楽しかったと言っております。大人になったらあそこで働きたいとも。

長々とコメントして申し訳ありません。また近いうちに遊びに行きたいと思います。

本当に楽しい時間をありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/404-c986d6b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。