スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水鳥プールの新しい仲間 アカハシコガモ 

a090926005.jpg

10月1日 今日は最近水鳥プールに新しく仲間入りしたアカハシコガモをご紹介いたします。

アカハシコガモ
学名: Anas capensis  英名: Cape teal
英名のケープテールの名のごとく、アフリカのサハラ砂漠以南の湿地帯に分布するカモの仲間で、多くのカモが行う渡りは、このカモは行わないそうです。

日本名は、くちばしが赤いところからの命名です。

a090926008.jpg

小型の種類ですが、当園にもいるクビワコガモに比べるとやや大きく、オシドリと同じくらいの大きさです。上の写真で左側のやや白っぽいのがアカハシコガモ、右がマガモ、ちょっと首を出しているのと、後ろでボケて写っているのがクビワコガモです。

a090926006.jpg

今回、当園の水鳥プールにオスメスつがいで2羽入りましたが、この種類は雌雄の羽色がほぼ同色とのことで、こうして比べて見ても違いがよくわかりません。スタッフによると、それでもくちばしの色のやや濃い、目が赤いほうがオスかな~とのことでした。まだ今年生まれた鳥なので、今後違いが出てくるのかも知れません。

a090926001.jpg

頭部のアップ。ちょっとぶれてしまいました。このカモはオシドリやクビワコガモと違い黒目の部分が小さいので、可愛らしさは今ひとつですが、この時は日陰だったためか黒目を大きく開いたので可愛い感じに撮れました。

a090926003.jpg

今回入った2羽も人の手で育てられた子なので、このプールに来て間もないのですが、人の手からちゃんとエサを食べます。でも大きなカモが来ると、押し退けられてしまいエサを横取りされてしまう感じです。


a090926004.jpg

この水鳥プールのポイントは、たくさんのカモが寄ってきてエサをねだったり、ペンギンが泳いでいたりエサを与えることができたりでとても楽しい場所ですが、よ~く観察すると本種や、ホシハジロ、オナガガモ、クビワコガモ、白いコールダックなども入っていたりで、そんな珍しい種類を見つけたり観察したりする楽しみもあると思います。(永田)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/391-94cee4ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。