スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマークの国鳥 コブハクチョウ 

IMG_0477.jpg

こんにちは波照間です。
9月17日 今日は外池にいるコブハクチョウという鳥を紹介します。

コブハクチョウ
学名:Cygnus olor 英名:Mute Swan
ヨーロッパ、中央アジアを中心に生息します。デンマークの国鳥で、ハクチョウの中でも優雅な姿が好まれ古代ローマの頃から飼育が始まっていたそうです。中世では「王の鳥」と讃えられていました。 日本では1952年に飼い鳥として、ヨーロッパから移入したものが公園や動物園などで飼育されるようになりました。西洋では古来より「ハクチョウが鳴き声を上げるのは死期が迫った時だけ」と言う俗信があるそうで、本種はそれに因んでMute(無音)と名付けられました。実際には全く鳴かないと言う事は無く、必要に応じて様々な鳴き声を上げます。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用させていただきました。)

IMG_6234.jpg

泳ぐ時はこの写真のように、翼を少し上げて泳ぎます。遠くから見た姿は、優雅で気品があり本当に美しいです。「王の鳥」と讃えられていたのもわかる気がします。

IMG_9494.jpg

今年の5月の初めごろに生まれた子たちも、もうこんなに大きくなりました。羽の色が違うぐらいで、あとは大人のコブハクチョウとほとんど変わりません。余談ですが、実はアンデルセン童話の「醜いアヒルの子」はコブハクチョウのヒナがモデルで、チャイコフスキー作曲のバレエ音楽「白鳥の湖」に登場するハクチョウもこのコブハクチョウがモデルなんだそうですよ。

IMG_0463.jpg

コブハクチョウの特徴といえば、名前の由来にもなっているこのコブですよね。大人になるとこのような立派なコブがありますが

IMG_0468.jpg

若鳥の頃にはまだちょっとしかありません。大きくなるにつれて、コブも大きくなっていくそうです。コブの無い顔も可愛らしくて好きですけどね。

IMG_0444.jpg

とても大きな鳥ですが、このようにごはんをあげることもできます。くちばしの勢いが強く手であげると少し痛いので、この写真のようにカップごとあげるか、投げてあげる方がいいですよ。ご来園の際は、ぜひ外池の鳥たちにも会いに来てくださいね。


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/377-95959b8a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。