スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マークのメモ帳 

m0908040004.jpg

8月9日 今回はオニオオハシのマークのメモ帳が出来上がりましたので、それにともなって、当園のオールドファンには馴染み深い、オニオオハシのマークのことをお話いたします。

皆様には長らく伏せさせていただいており、誠に申し訳なかったのですが、実はマークは今年の4月に落鳥いたしました。いま申しますと、マークは長らく病気を患っており、病状も一進一退で比較的元気なときはスイレンプールゾーンでケージ越に皆様にも見ていただいていたのですが、今年の冬場は殆どバックヤードに。 とても残念でした。

m0908040002.jpg

マークは2001年開園の松江フォーゲルークために花鳥園グループに入って活躍し、2003年開園の掛川花鳥園へ移動してきました。マークは当時掛川花鳥園にいたオニオオハシのなかでも体がいちばん大きく、大きなくちばしを持っていました。

写真は2003年9月20日の掛川花鳥園のオープンの当日、内覧会のスイレンプールにいるマークです。このスイレンプールゾーンが、マークの生活の場でした。

m0908040005.jpg

当時良くなれた人懐こいオオハシはマーク1羽でしたので、大温室スイレンゾーンのボスとしてお客さまにはもちろん、スタッフや他の鳥たちにもふれあいの楽しさを教えながら活躍してくれました。

この写真は2003年の秋10月に、ちょうど近隣の施設の方がご来園されたときのカットです。

m0908040006.jpg

この写真は開園間もない2003年の10月3日に撮影したものですが、マークはこの頃からお客様の腕に止まってエサを食べることを知っており、マークを見習ってほかの鳥もお客様の腕に止まるようになりました。またお客様の側も、こうした当園での鳥との楽しみ方を知るようになりました。

マークは鳥がお客様の腕に乗ってエサを食べるという、今では当たり前となった花鳥園のえさやりのスタイルのきっかけを作ってくれました。

m0908040001.jpg

この写真は2006年開園の神戸花鳥園のポスターやパンフレットの表紙になったカットです。とても堂々とした姿で、実物よりも写真を通してより多くの方々に愛されてきたとも言えるマークでした。


m090808002.jpg

今回、当グループのオリジナルグッズのメモ帳第9集として、マークのメモ帳を作成しました。このメモ帳は素晴らしい活躍を残してくれた「マーク」への感謝として、撮りためた写真の中から良いカットを選んで作製しました。マークにはもう会えませんが、私にはいつまでも、そしてこれからも、最も馴染み深いオニオオハシです。

m090808001.jpg

マークのメモ帳と一緒に、エボシドリのメモ帳も製作しました。これら2種類のメモ帳は、盆休み期間中は掛川花鳥園の売店のみの販売で、そのほかの当グループの各園では、盆明けから販売致します。葉書サイズ裏面カラー1冊300円。盆明けからネットショップのほうでもご注文いただけますので、ぜひお求めください。


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


コメント

残念ですね・・

八月一日のスケッチ大会に娘と参加したときに、マークの姿を探したらなかったので、バックヤードかな?と思っていましたが・・・そうですか・・・

数年前に娘はマークと遊んでもらってから、オオハシが大好きになり、以来夏休みには必ず花鳥園を訪れるのが楽しみになっています。
今年はマークがいなかったので、少しがっかりしていましたが、その代わりに キスケが遊んでくれて喜んでいました。

マーク 楽しい思い出をありがとう。




Re: 残念です

コメント有難うございます。
6年前はオオハシとふれあえる園なんて珍しかったですし、人馴れしているマークはテレビの中継でも、写真撮影のときでも必ず寄って来てくれましたから、当園のオープン2年目頃にはトルクメニアンワシミミズクのムサシ君などとともに当園の看板鳥でした。またケージ越しになってからも看板もありましたから、名前を覚えていただいた方も多いと思います。オニオオハシくらいの大きさのある大型インコであれば、寿命も数十年あるのですが、オオハシ類はそこまで無いのだろうか?とか体調が悪かったときから思っていました。いずれにしても残念です。

残念です

そうですか、今年の4月に亡くなっていたとは・・・・
最後にマークを見たのは昨年の秋にケージに入っていた時でした。今年の夏前に行った時に見かけなかったのでまた体調が良くないのかな?と思っていましたが・・・・
この掛川花鳥園に行くきっかけにもなったのがマークが居たからでした。
以来毎年通い続けていましたが、もうマークに会えないのは、とても残念ですね。

マーク!
君と過ごした楽しい時間を決して忘れないよ!天国から花鳥園を見守っていてね。

Re: こたえますね

かすみさん、コメントありがとうございます。
やはり生き物ですから、いずれは死を迎える・・・
分かっていてもやはり辛いものです。
感謝の意味を込めてマークのメモ帳を作りました。
どうかマークの事を忘れないでください。
そうすれば、たくさんの人の心の中でマークは生き続けられると思います。

こたえますね

 やはりそうだったのですか。具合が悪いとお聞きしていたので、予感はしていました。でも、事実を知らされるとやはりショックです。
 生き物だからいずれは死を迎えると頭で理解していても、なかなか心が納得しませんね。「このスイレンプールゾーンが、マークの生活の場でした」という表現がとても悲しく、寂しく感じます。
 マークは花鳥園のまさにトレードマークでした。もう写真でしか会えないいので、たまにはマークの写真をパンフ等に使ってあげて下さい。

mikaさん、あやこさん、みなさん暖かい言葉をどうも有難うございました。

昨年、ケージにいるマークを撮って、ブログで紹介したことがあります。その頃はまだ元気だったのですが、私も残念です。

本来は、4月に亡くなったときにお伝えすべきだったのですが、バードスタッフとも相談し、悩んだのですが、明るい話題ではないから、ということで控えさせていただいておりました。

今回、オオハシのメモ帳を作ろうと企画したところ、専務のほうからマークのメモ帳にしようとの提案があり、このメモ帳の完成を見て、お伝えする運びになりました。

メモ帳の表紙裏には、専務がマークについて一言添えてあります。

一度でも会えてよかったです

3月に初めて掛川花鳥園に遊びに行き、
ケージの中にいるマークに会うことができました。

ランプのそばでじっとしている姿を見て
あまり声をかけないほうがいいのかなと思ったのを覚えています。
とても愛されていたということが
ブログを通してよく伝わってきます。

スタッフの方々のつらさは量り知れませんが
花鳥園で可愛がってもらえたマークはとても幸せだったろうと思います。

天国から皆さんを、また仲間たちを見守ってくれていると信じています。

残念でたまりません

マークがいなくなっちゃったなんて、本当に信じられません。

そうですが、病気だったんですか。
辛かったろうに。

でも、私の手に乗って、あの大きな嘴を器用につかいながら、
えさをついばんでくれたマークの事、絶対にわすれません。

どうか、安らかにお休みください。

そして、ほんとうにありがとう、マーク。

とてもショックです…

びっくりしました。そしてとてもショックです…

前に花鳥園に行った時ケージ越しで会いましたが、あのかわいらしい顔は忘れられません。

マークお疲れさま!
マークに会えて嬉しかったです!本当にありがとう!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/339-bc459864

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。