スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイレンの花 

s0907270002.jpg

8月5日 きょうはスイレンプールで最近撮った熱帯性スイレンの写真をならべてみました。スイレンの花は涼しげで、やはり夏が似合います。

まず上は、八重咲きのミッドナイトという品種です。スイレンの花はもともと何枚もの花弁のある花なので、八重咲きといってもピンときませんが、花の中心の雄蘂が弁化しています。

s0907270007.jpg

こちらはニムファエア ギガンティア(Nymphaea gigantea)という、ニューギニアからオーストラリア北部にかけて自生する原種の熱帯性スイレンです。

当園には、ブルーの基本種、白花、そしてブルーと白花との交配の淡いブルーの3色が栽培されています。

s0907270006.jpg

同じくギガンティアの花。この花は後姿ですが、水面にきれいに映っていたので撮ったものです。スイレンはやっぱり水面に映った姿がいいですね。

s0907270004.jpg

こちらはブルーギガンティアと白花のギガンティアとの交配で淡い青色を帯びるタイプ。寒さに弱いギガンティアのなかでは、真冬も花を咲かせてくれます。

s0907270005.jpg

望遠レンズで絞りを開放に近くまで開けて、花にだけ光が当たった一瞬を撮りました。後ろはオオオニバスの葉ですが、やわらかくボケています。

s0907270001.jpg

アフリカのタンザニアに分布するニムファエア コロラタ(N.colorata)の改良種。普通のスイレンの花がカップ状に咲くのに対して、この品種は花びらが水平に展開し、これはこれで面白いです。

これらの写真は、7月25日に1時間くらいかけて撮ったものです。いちばん上の写真は、プールの縁で咲いていたので、50mm程度で撮りましたが、ほかは望遠の300mmです。この場所でスイレンを撮るには70-200mmの望遠ズームか、少し遠いところで咲いている花で300mm程度あれば十分に撮れます。


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/328-a24eeeec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。