スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオちゃん 

a090710006.jpg

7月14日 きょうはチゴハヤブサのアオちゃんを久しぶりにご紹介いたします。

チゴハヤブサ 学名:Falco subbuteo 英名:Eurasian hobby
ユーラシア大陸北部やアフリカ大陸北部に生息し、冬季はユーラシア大陸南部やアフリカ大陸で越冬する。日本では北海道や東北地方で繁殖を行う夏鳥で、、本州以南では越冬のため飛来する旅鳥ないし冬鳥。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

名前は、ハヤブサの仲間で小型なことからの命名で、体長はオスで31cmメスで35cmほどの小型の猛禽です。

a090710003.jpg

当園のウェルカムバードとして、これまで受付でご覧いただいていたアオちゃんですが、受付は新しくメンフクロウが担当することになって、それでアオちゃんは、今ポポちゃんたちのいるフクロウのシッティングコーナーで展示されることになりました。

そしてそのためのパネル用の写真を撮ってほしいと依頼されまして、今回撮ってみたのですが、あいにく梅雨のさなかの暗い日で、写真もなんとなく湿っぽい感じになりました。

a090710002.jpg

ついでだから・・・ということで、いろんなところを撮ってみました。これはちょっと翼を広げたところです。さすがハヤブサの仲間だけあって細く鋭い翼を持っています。

腹側は薄い茶褐色に、黒い羽根が斑点のように多く入ります。この腹側が白っぽく斑点が小さいのがオスで、茶色がかっているほうがメスとのことで、そうするとアオちゃんは、どうやらメスらしいです。

a090710004.jpg

背中側。写真は少し明るく写りましたが、背中や翼は青色がかった黒灰色です。長い翼は尾羽の先端を越えます。

a090710001.jpg

こうしてみると大きさがわかると思いますが、頭から尾の先まで約30cmほどの小型の猛禽です。

アオちゃんはポポちゃんなどとともに2004年の1月に当園に来た、当園の鳥たちのなかでも古株ですが、病気一つせずに元気に暮らしています。

a0907100001.jpg

今回、ふくろうシッティングコーナーのブースが増設されることになり、アオちゃんもこの場所で見られることになりました。実物は小さくて黒っぽくて地味なので、見逃してしまいそうですが、可愛い子なのでご来園されましたらまたぜひ見ていってくださいね。

なお、この新設のフクロウシッティングコーナーは、また改めてご紹介いたします。


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


コメント

Re: タイトルなし

コメント有り難うございます。 ほんとうにそうなんですよね。特に小型猛禽は小さくて可愛いのに、肉食なので、飼育となるとかなり躊躇してしまいますよね。最近は100%マウスのレップミールのようなソーセージ状のものもありますが、また肉食ってことは糞もそれなり臭うし・・。可愛いんですが、ここがネックで、自分の場合は「見ているだけのほうが・・・」ということにしています。 ふれあいゾーンでは手乗せ体験もできますので、ぜひご来園くださいね。

こんにちは!! あおちゃん、可愛いですね。
私は、猛禽類の真ん丸いメンメが大好きで一度飼ってみたいと思うのですが、
何しろ餌の世話が……(~_~;)
小さくて物静かで落ち着いているのに、実は肉食!! というギャップがたまりません!!
今度は、ふれあいゾーンで会えるのを楽しみにしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/314-93179532

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。