スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近撮った、スイレンの花 

s0906210001.jpg

6月28日 きょうは最近撮り貯めたスイレンの花の写真を並べてみます。

ディレクター ジョージ T.ムーア(DIRECTOR GEORGE T. MOORE) 
この品種は1941年にジョージ・H・プリングが作出した品種で、キング オブ ザ ブルースとともに紫色系の代表的な品種です。名はミズリー植物園の ディレクター(監督、理事)であった ジョージ T. ムーアの名に因みます。

熱帯性スイレンは現在でもタイなどで新品種が育成されていますが、普及品種は本種のように戦前戦後当時に作出された古い品種が多いです。

s0906210007.jpg

バグダッド(BAGHDAD)   
この品種も1941年 ジョージ H プリングの作出です。空色で底白の広弁咲き。花径は15cmを超える大輪。葉が独特の迷彩模様で、葉だけでも美しい品種です。

なお開花1日目はひとつ上のG.T.ムーアのように花の中心の蕊が開いていますが、開花2日目にはこのバクダットのようにもう閉じてきます。

s0906210003.jpg

青いニムファエア ギガンティア(Nnmphaea giganthea と、白花のギガンティア ハドソニアナとの交配によって作出された個体のつぼみ。薄い藤色の玉状がなんとも可愛らしかったので撮ってみました。

s0906210005.jpg

こちらは白花のギガンティア ハドソニアナ(Nnmphaea giganthea var hadsoniana)
花鳥園のスイレンプールは温室内なので水面にさざ波が立つことはほとんどなく、このように花の影も美しく映り込みます。

s0906210004.jpg

同じく映り込みもので、アフター グロウ(AFTERGLOW)という品種。サーモンレッドに底は薄クリーム色に抜ける復色花です。

s0906210006.jpg

最後は夜開性のスタートバンティー( STURTEVANTII )1884年に作出された古い品種です。
夜開性品種はインド原産のニムファエア ルブラ(Nnmphaea rubra)という濃紅色の夜開性品種をもとに作出されました。これら夜咲き性品種は昼咲き種に比べ花が大きくみごとで、花の直径も25cmほどにはなります。本来は夜中に咲くスイレンですが、雨天や曇天などの日は昼頃まで咲いています。    


バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


コメント

Re: 構図がいいですね

どうも有り難うございます。 現地では一瞬の動きを撮る場合も多いので、構図とかも撮るときはそれほど考えていなくて、1回花鳥園へ行くとでだいたい300カットくらい撮り、それをパソコンで展開し、その中から良いカットを選んでトリミングしたり、構図もその段階でパソコンを見ながら決まるような感じです。
また、こんな梅雨で空が暗いときは、基本的にあまり良いカットは撮れないですね。暑くなるのは嫌なのですが、晴れてほしいと思うことも多いです。

構図がいいですね

こんにちは

いつも拝見していて思うのですが、写真がすばらしいです。
自分もカメラ好きですが、なかなか構図がうまくいきません。
ファインダーの覗くのと、写真として見るのでは見え方が違うんです。
アップされている写真を見て、勉強させていただいております。

あ、被写体のスイレンも美しいですよ(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/306-8987a3db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。