スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンゴウインコを撮ってみました。 

~お知らせ~

神戸花鳥園では、花と鳥とのふれあいを通じ、みなさまに元気を出して、がんばっていただくために 「がんばっトリます!関西!キャンペーン」 を実施します!

ganba200-2.jpg

詳しくはこちらから。



i090524007.jpg

5月28日 毎日午前10時30分からの飛行ショーの中で行われるコンゴウインコのショー。今回は最近撮り貯めた写真の中から、まあまあかな・・・・と思われるカットを選んでみました。

と、いうのも、毎度の事ながらこの鳥も飛ぶのが早くて撮影が難しいです。撮った大半はピンボケの失敗ばかりで、ピントがあうほうが希なくらいです。

上の写真はルリコンゴウインコの飛ぶ姿。背中側とおなか側で、こうも正反対の色彩を持つ鳥も無いんじゃないかと思うくらい、とても美しい色彩を持っています。

i090524006.jpg

こちらがルリコンゴウインコの背中。ブルー一色です。

i090524003.jpg

ルリコンゴウインコより若干大きいベニコンゴウインコ。こちらも派手な色彩です。

i090524005.jpg

おなか側はその名の通り深い紅色。自然界では天敵がいないため、それなら鮮やかな色彩のほうが仲間を識別しやすいことから、このような派手な色彩になったと言われています。

i090524002.jpg

背中側は、ブルーとグリーン、赤色がグラデーションになっています。

i090524004.jpg

これらの写真は、2100万画素の本体に、500mmの単焦点レンズをはめて撮影しました。動体予測モードにして、動きのある物体に焦点が追従するモードで撮影するのですが、それでも飛行スピードが速いため、なかなか思うように撮れません。でも撮れないからこそ、逆に面白くて撮っています。

コメント

Re: 再度投稿

どうも有り難うございます。

全然腕なんてないですよ~。機材で撮れているだけのようなものです。でも仰る通り「人々に感動を与える写真」を撮らないといけませんね。それにはまず自分が感動することなのですが、そこのところが花鳥園という同じ場所なので、5年以上も同じ場所を撮っているとやっぱり飽きがきてしまってなかなか難しいです。撮影の原動力になる新鮮な驚きが、はじめてご来園された方にくらべ別次元ですから。そのぶん、この鳥はこの表情が良いなんて、撮り方も心得てはいるのですが・・・。 それではどうも有り難うございました。現在、加茂花菖蒲園の開園の関係で、花鳥園の写真はやや手抜きですが、何卒ご了承ください。

再度投稿

かなりの腕前とご察し致しました。
被写体に向き合う姿勢が評価出来ます。向かって来る被写体を撮影するのは確かに難しいです。昨今まで難しかった撮影でも近年でのカメラのAFの
性能向上からも可能になってきてきています。しかしながら最終的には撮影者が被写体と向き合う心の姿勢だと考えます。プロ用、機種はキャノン、ニコンが大半のシェアを得ていますが。自分の撮影意図に合ったカメラを選択されるのが一番だと思います。写真の話をすると切がないので、このへんで失礼します。何時までも人々に感動を与える写真を撮りつずけて下さい。
それが我々フォトグラファーの使命ですから。

Re: 綺麗な鳥ですね

いつもどうも有り難うございます。

ほんとうに、カメラに向かって平行に飛んでくれる位置からでしたらまだ撮れるのですが、カメラに向かって来る位置からはなかなかピントが合わないですよね。私の場合近くなので、何度でも通えますが、遠方からですと1回でモノにするのはなかなか難しいんじゃないかと思います。またご来園くださいね。

Re: どうも有り難うございます。

コメントどうも有り難うございます。

私はキャノンですが、サンニッパなら瞬時ですがゴーヨンはそれに比べると僅かに遅いし、カメラに対して平行に飛ぶときは焦点が合い易いですが、カメラに向かって飛んで来るときは合い難く、すぐに合焦という感じではないです。シャッタースピード等はほぼ同等で行っていますし、ISOは晴天で400程度なので、やはりニコンのほうが良いのかな~と思っています。 また試してみます。どうも有り難うございました。今後ともよろしくお願いいたします。

綺麗な鳥ですね

私も遊びにおじゃました時は コンゴウの飛んでいる 綺麗な姿を頑張って撮ろうとしていますが スピードが速くて何処を飛んで来るのか予測がつかないので撮るのが大変です でも撮れた時の写真は フクロウやタカとは違う迫力があっていいですよね 

スポーツ系を撮影しております。プロカメラマンです。動く被写体を写し止めるには、おっしゃる通りカメラをコンチニアスモードにしAFボタンを押しながら流し撮りで撮影します。私は
nikonを使用しておりますがすぐに合焦します。あとはシャッタースピードの
問題です。動く被写体が小さい程シャタースピードを上げなくてはなりません。800/1~1000/1のシャッタースピード連続撮影されればほとんどの写真が正確に撮影出来るはずです。後は撮影現場で光の状態、光質、色温、ISOを設定されると良いでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/291-33b075cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。