スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビクイワシのショー 

4月20日 きょうはめずらしく、2つ目の話題をご紹介いたします。

今年の2月半ばに、このブログでもご紹介したヘビクイワシ(セクレタリーバード)のショーが、いよいよ一昨日から行われるようになりました。

このヘビクイワシのショーの時間は、午後1時00分の鷹匠ショーのなかで行われますが、日によって鳥の体調などの都合でショーが行われない場合もありますこと、ご了承ください。


ヘビクイワシ 学名:Sagittarius serpentarius 英名:Secretary bird
アフリカのサハラ砂漠以南のサバンナに生息する猛禽の仲間で、ヘビクイワシ科の鳥はこの1種のみ。全長約1メートルで、後頭には十数本の冠羽があり、これが羽根ペンをかつらに挿した中世ヨーロッパの書記官を連想させることから、ショキカンチョウ(書記官鳥)の別名をもつ。


s090420001.jpg

このショーは、鷹匠ショー会場奥にある、飼育小屋からヘビクイワシを出すところから始まります。
ギャリーさんが小さく切った肉片を投げながら、誘い出してゆきます。

写真左でビデオを撮っているのは、当園バードスタッフの小澤さんです。ここで彼女が撮ったVTRは、明日4月21日のバードスタッフブログで公開されます。

s0904200013.jpg

さあ、お客様の前までやってきました。頭の後ろの冠と、すらっと長く伸びた足、スパッツを履いたような腿が特徴です。

s090420003.jpg

そしてギャリーさんがシートの上でゴムでできたヘビを揺らすと、それをめがけて一気に飛び掛ります。

こうして毎回シートの上でエサを与えることによって、ここでエサがもらえるのを覚えさせるのだそうです。

s0904200012.jpg

このように翼を広げてエサに飛び掛りますが、これは、毒ヘビなどの場合、そちらに気を取らせるようにするためです。羽根には血管は通っていないので、もし噛まれてもノーダメージです。

また、尾羽がすらっと長いのは、それを足に見立てて目立たせるためで、実際の足はあまり目立ちません。ヘビが目立つ尾羽根に襲いかかっても、やっぱりダメージはないわけです。

s0904200011.jpg

そして足は的確にヘビの頭の部分を蹴り付け、足でダ!ダ!ダ!っと叩いて弱らせてしまうわけです。

s090420008.jpg

この写真を見ると、左腕の風切り羽が切れています。 これは慣れるまで飛んでいってしまわないよう、切ってあるわけですが、見た感じあまり羽ばたいて飛んで行ってしまいそうもないので、次回生え変わるときからは切らないでおくとの事でした。

現在のところ、まだあまり馴れていないので、会場中央でショーが行われます。ですから、この鳥を撮るには、今のところ300mm以上の望遠レンズが必要です。でも、馴れてくれば、広い会場を動き回って、近い場所で見ることがでるようになると思いますので、ご期待ください。

今年導入された、あたらしい鳥のショーが、いよいよ始まりました。


コメント

Re: タイトルなし

コメント有り難うございます。&ご返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
私もどんなショーになるのかよく想像できなかったのですが、百聞は一見で納得した感じでした。この写真はとりあえず撮ったもので、ショーの内容が飲み込めて来れば、もっと上手く撮れるかなと思っています。なお、名前はまだ決まっていないみたいです。

こんばんは。

フクロウ達がダイナミックに空を舞うショーとは対照的に、地面に這うヘビを狩るというタイプのショーは斬新ですね!もうすぐ連休を控え、また遊びに行く楽しみができました^^
そういえば名前は決まったのですか?それも楽しみです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/269-7c00fcf3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。