スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と鳥をいっしょに撮る! 

4月20日 今回は写真コンテストの作品募集もはじまりましたので、花鳥園らしい、花と鳥を同じ画面に入れて撮ることについて、ちょっとお話しいたします。

「花鳥園」を撮るというからには、やはり鳥と花を同時に写したいと思われる方もおられると思いますが、これが実は、なかなか難しいのです。

何故かと言いますと、つまりは花と鳥がいっしょにいる空間が、比較的少ないからです。当園で花がいちばん多い場所は、大温室の花の下のレストランの空間ですが、ここには鳥はいません。また「ふれあいのこみち」や、水辺の鳥とのふれあいゾーンなど鳥がたくさんいる空間には、今度は花がありません。これは何故かというと、植物を入れると鳥に食べられてしまうからなのです。逆に花の下のレストランに鳥がいるのは衛生面で問題が生じます。

そんなことで、以外と花と鳥を一緒に写すのが難しいんです。

でも、それが可能な場所ももちろんあります。今回は、そんな場所をご紹介してみます。

p090410003.jpg

まず、これはスイレンプールゾーンのブルグマンシアとテリムクです。 このスイレンプールゾーンは、鳥と花が同じ空間にいるので、両方を画面に入れることができます。コガネメキシコインコも同じ場所にいますので、コガネとブルグのコラボも可能です。

ブルグマンシアは開花に波があって、年中咲いているわけではないですが、咲くときは一度にどっと咲くので、そんな時がねらい目です。

ほか、サンタ君やフクロウとの写真撮影のコーナーにもブルグマンシアがあります。

s090418004.jpg

熱帯性スイレンの咲くスイレンプールも、花と鳥が同時に写せるポイントです。この写真は熱帯性スイレンとアフリカレンカクが同時に入り、人工的な空間なのですが、どこかアフリカの自生地の水辺そのままの情景を写したかのような感じになります。

p090412001.jpg

ヨウムのドリーとバックの大ぼかしの花です。ヨウムのドリーとアンソニーは、大温室のふれあいゾーン入り口のブースにいつもいるので、ブースの後ろ側に回り込んで、大温室の満開の花を背景に入れて撮ることができます。

この写真は、バックを大きくボカしていますが、もっと花がわかるように入れることも、もちろん可能です。

p090410007.jpg

春のゴールデンウィークの、屋外のエミュー牧場です。この季節、ここにある桐の木が藤紫の花を咲かせ、一年の内でもこの時期だけエミューで「花 鳥」の写真が撮れます。

この写真は一昨年撮ったもので、桐の木は生長が早いので、今ではひと回り以上大きく成長しています。昨年も桐の花を心待ちにしていたのですが、冬場に蕾をカラスなどの野鳥に食べられたようで、あまり咲かなくてショックでした。今年は咲いてくれると良いのですが・・・

p090410004.jpg

屋外のカンムリヅル。 この写真は10月中旬に撮影したものです。暑かった夏もやっと終わって、ススキの穂が出てセイタカアワダチソウの黄色い花が、秋色の陽の光に輝いています。

p090411001.jpg

p090410008.jpg

この2枚は屋外のインコの飛行ショーです。秋の9月の中ごろから11月頃にかけて、鷹匠ショー会場後ろのツルの飼育施設の金網に、宿根アサガオがたくさん咲き、これをバックに入れてコンゴウインコやハリスホークを撮ることができます。

アサガオ・・・というと一般には夏の朝の花のイメージがありますが、宿根アサガオは日照時間が短くなってくる秋に、多く花を咲かせます。日中も咲いているので、無数のルリ色の花をバックにすると、コンゴウインコは一段と冴えます。今年はこのアサガオもさらに大株になって、金網のすべてを覆い隠してくれないかな、と思っています。

こんなふうに、ちょっと工夫したり、撮る季節を考えたりすることで、花と鳥を同時に撮ることができますので、一度試してみてくださいね。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/264-e07e5d36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。