スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠山総合運動公園 ECOPA 

e090212001.jpg

2月19日 今回は昨年末の法多山の紹介に続いて、掛川花鳥園の近隣の行楽スポット、小笠山総合運動公園 ECOPAをご紹介いたします。

掛川市のお隣の袋井市にある小笠山総合運動公園は、掛川花鳥園から車でわずか6分程度で行くことができる、当園にもっとも近い行楽スポットの一つです。2002年のサッカーワールドカップを目処に建設され、「小笠山総合運動公園」という正式名称より、「エコパ」 、 「エコパスタジアム」と呼ばれることのほうが多く、今年度は年間で90万人ほどの来場者が見込まれています。上の写真左がエコパアリーナ。右がエコパスタジアムです。

小笠山総合運動公園 ECOPA 公式サイト

ek090213002.jpg

静岡スタジアム エコパ
2002年に行われたサッカーのワールドカップの会場の一つともなったエコパスタジアムは、この総合運動公園の中核となる建物です。

延床面積83,278.69㎡ 地下1階、地上6階建で、約5万人もの人が収容できるスタジアムです。陸上競技やサッカーの競技場として有名ですが、そのほかにもコンサートや文化芸能イベント、展示会他などに使われています。
これまで2002FIFAワールドカップ、2003NEW!わかふじ国体、2006ねんりんピック静岡開会式の開催などが行われ、サッカーのJリーグの試合や、冬場の平日は地元の高校のマラソン大会もあったり、また「陸上個人利用」日が月に数日あり、この日は大人200円、学生100円で一日トラックを走ることができたり、連日さまざまなイベントが行われています。

取材させていただいた日も地元の高校生のマラソン(といっても10kmほど)大会が行われていましたが、最近では学校のマラソン大会も一般道では道路事情などで難しく、こういう場所のほうがかえって走りやすいそうで、希望される学校がとても多く抽選方式になっているそうです。

でも学校の授業の一環でエコパで走れるなんて、今どきの生徒は恵まれていますね。

e090212006.jpg

エコパアリーナ
エコパスタジアムに隣接し、85m×49m=4,165㎡の広さを持つフロアに最大1万人収容の観客席。フロア、観客席のレイアウト、演出やショーアップも自在にできて、各種競技からコンサート、展示会、講演会、コンベンションなどイベントまで多目的に対応します。昨年も小田和正、倖田來未、浜崎 あゆみ 、平井 堅、ゆず、B'z、安室奈美恵など、超一流のアーティストのコンサートが開催されました。

このほかにも補助競技場、投てき練習場、多目的運動広場、人工芝ピッチ、グラウンドなど様々な施設が総面積269ヘクタールの敷地中に造られています。

ek090213004.jpg

ビオトープ園 自然塾
このように運動公園として有名なエコパですが、その広大な敷地や、小笠山の裾野にあるという立地条件を生かして、山のなかに「ふれあいの森」のウォーキングコースや、ビオトープ園などの自然を生かした施設も造られています。

エコパでは近年、この自然を利用した施設造りやイベントに力を入れており、その象徴的なプログラムに「自然塾」という親子参加の体験学習があります。これは小学生の親子60組による年8回の自然教室で、プログラムは季節ごとに毎回趣向をかえて自然を学べるようにしています。内容はシイタケの菌打ちや植樹、野草遊び、お茶もみ、ホタル幼虫の放流、夜間の昆虫観察、クワガタ・カブトムシの育て方教室、秘密基地づくり、炭焼き体験、クラフトに挑戦、門松づくり、もちつき大会など様々なプログラムを行い、学校では教えてくれない、自然の楽しみ方を学んで行きます。

エコパ自然塾 公式サイト

ek090213003.jpg

また、あさって2月21日、22日の2日間は、「エコパ花の郷 春よ恋まつり 2009」と題して、梅まつりのイベントも行われます。昨年から始まったこのイベントも、昨年は13,000人ものお客様が訪れたそうです。ほかにも、河津桜、染井吉野を始め数十種類の桜が約1,000本植えられた花の郷や芝生広場などもあります。

このように小笠山総合運動公園 エコパは、運動公園(有料、無料)以外にも自然に親しむ様々な施設があります。当園から車で6分ほどのごく近い場所にありますので、ご来園の際はぜひエコパにも立ち寄っていただけたらと思います。

なお、今回取材にご協力していただいたエコパハウスの戸倉様、ならびに原稿を監修していただいたマネージャーの方に、この場をお借りして御礼申し上げます。

なお、次回は3月に「ヤマハリゾート つま恋」をご紹介する予定です。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/233-65c25d4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。