スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テリムク 

t090124001.jpg

2月5日 きょうはスイレンプールにいるテリムクの2種類をご紹介します。

テリムク・・・ ちょっと何のことかわからないと思いますが、この鳥はアフリカに生息するムクドリの仲間で、体が輝いています。だから「照りムクドリ」という意味でテリムクの名があります。

キンムネオナガテリムク 学名: Cosmopsarus regius  英名: Golden-breasted starling
上の写真は、キンムネオナガテリムクという種類で、腹側が濃い黄色で尾が長いのが特徴です。当園のスイレンプールゾーンには約50羽います。

金属的な光沢を持つ羽根は、見る角度や光の当たり具合によって、輝いたり、青く見えたり、黒っぽい感じになったりします。この写真は日陰で写したので、テリムクの輝きは出ていませんが、美しいブルーに撮れました。

細い体はちょっとツバメに似ていて、温室の中をツバメのようにすいすいと飛ぶ姿も見られます。

t090124007.jpg

こちらはツキノワテリムクという種類です。
ツキノワテリムク 学名:Spreo superbus. 英名:Superb Starling。
アフリカに分布、尾が短く、胸に白い月の輪があるのが特徴です。当園には約50羽ほどいます。
こちらは体が丸っこく、飛ぶ姿はやや大きいスズメのような感じです。

この鳥も見る角度によって、非常に強く輝きます。

t090124005.jpg

今回は新しい掛川花鳥園のパンフレットの製作にあたって、テリムクも入れようということでミールワームを使って手に止めてみました。ミールワームとは、爬虫類や魚類の飼育のためにここ数年一般のペットショップでも販売されるようになった、甲虫の幼虫・生餌です。でも、エサの売店で販売されているペレットもじゅうぶんに食べますよ。

t090124004.jpg

また、スイレンプールの水草が生い茂る一角では、この鳥の水浴びの様子も、時として観察することができます。時間的には朝早くが良いようですが、日中でも見られます。

t090202002.jpg

ツキノワテリムクの水浴び。この仲間は水浴びが好きなようですね。

t090124003.jpg

体を膨らませて、木の枝で休むツキノワテリムク。このツキノワテリムクは、ちょうどヒバリのような鳴き声でよくさえずっています。

このテリムクの仲間は、コガネメキシコインコのような濃密なふれあいのできるキャラクターではありませんが、輝く体がたいへん美しい鳥です。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/223-5e08daf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。