スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロフクロウの飛行 

t081222009.jpg

1月4日 きょうは真冬になって一段と冴えた飛行をするようになった、シロフクロウのハリーの姿をご覧いただきます。

ハリーが生まれて2年目の冬。羽根の色も少しだけ大人に近づいて白さが増しました。シロフクロウは、北極周辺のツンドラ地帯に生息するフクロウなので、寒いのは全く平気。逆に暑さがとても苦手で、当園では夏場の6月初めから10月末までショーを休んでいました。

昨年の11月末~12上旬頃も、実はショーを休んでいたのですが、12月中旬よりまた毎日飛行するようになってくれました。

t081222004.jpg

このシロフクロウが登場するのは、一日3回の飛行ショーでも午後3時からのショーの間だけです。午後3時は日によってはかなり気温が下がり寒い場合もありますので、防寒はしっかりとしてご来園ください。

でもこの鳥の白さはまた格別で、白鳥の白さとも違うし、何て言いますか、雪のようにやわらかな白色なんです。英名の Snowy Owl の名が、やはりピッタリな白さ。ほんとうに美しい鳥です。

t081222002.jpg

ただ、この晩秋から真冬の間は、夕方3時ともなると陽が影ってしまって、写真に撮るとどうしてもオレンジ色がかぶってしまいます。昨年、このハリーが出ているシーズンを通して写真を撮っていたのですが、いちばん満足に撮れたのは、暖かくなって陽が伸びてきてからでした。

また、この真っ白な鳥は、晴天だとコントラストが出すぎてしまって、本当いうとあまりよくありません。一番ベストだったのは、春霞でうす曇りの光で撮った姿でした。白さもはっきり出るし、白が飛んでしまうこともありませんでした。ですからフォトコン用などの作品をとねらわれる場合は、春頃まで待ったほうが良いと思います。

t081222005.jpg

ギャリーさんにエサをもらうハリー。ハリーは当園に来てから、ずっとギャリーさんに育てられたので、ギャリーさんを親だと思っています。ショーでもエサを見せなくても、ギャリーさんのところに向かって飛んできてしまう光景がよく見られます。

ですが、ギャリーさんが休みの日は見られないというのもまずい話なので、最近はギャリーさんでなくても飛んで来る訓練を、ショーの時間内に行っています。

t081222003.jpg

ハリーの顔のアップ。柔らかく暖かそうな羽毛に包まれています。シロフクロウは、アフコノみたい黒目が大きくないので、見た目の印象的には今ひとつ可愛くなくて、ちょっと損をしていますが、猛禽の美しさは本来可愛らしさではなく、野生に生き獲物を狩る者の厳しさ、神々しさにあると思います。特にシロフクロウの美しい体と、飛ぶ姿の優雅さは、どのフクロウにも比べられない、ナンバーワンのフクロウです。

寒い時期で申し訳ありませんが、このフクロウを見るのも冬場の楽しみと思いますので、ぜひ見に来てくださいね。


シロフクロウのハリーのショーは、午後3時からの鷹匠ショーのなかで行われます。他の時間のショーには登場しません。また強風の日や体調の都合などで出場できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。



バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


コメント

瀧平さんへ

コメント有難うございます。

この鳥の白さは独特で、アヒルや白鳥の白さなどとは違って、ほんとうに雪のようなしっとりとした白さで、その鳥がたいへん優雅に飛ぶので、見ていてほんとうに美しいです。その美しさをできるだけ克明に・・・となると、やはり写真が一番なんでしょうね。ズームレンズだとこうは克明に撮れませんが、単焦点の望遠レンズのおかげと思っています。

今月14日頃から2回に渡って、今度はワシミミズクの飛行シーンをご紹介します。おたのしみに。これからも宜しくお願いいたします。

こんばんは。いつもこちらのブログを楽しく拝見しております。

以前にも何度かハリーの写真は拝見しましたが、何度目にしても、本当に「美しい」としか
言い様の無い鳥ですね。
今でも充分に心奪われますが、あと数年後には純白になるとの事。
これからの成長も楽しみです。

アップの写真は初めて拝見しました。こちらも美しいの一言です。
一点の濁りもないこんな美しい瞳で、何が見えているんだろう?と、思いを馳せてしまいます。

>猛禽の美しさは本来可愛らしさではなく、野生に生き獲物を狩る者の厳しさ、神々しさに
>あると思います。

とありますが、その通りだと思います。
加え、厳しい寒さの中だからこそ、ハリーのこの気高さが際立つのでしょうね。

素晴らしい写真をありがとうございます。写真というのはやっぱり凄いですね。
これからも、花鳥園の写真と日記を楽しみにしております。

ぽん母さんへ

コメント有り難うございます。シロフクロウはネコの白いスコティッシュフォールドの顔には特によく似てますね。大きさもだいたい同じくらいだと思います。暗いところだとシロフクロウも黒目がもっとまん丸になって、可愛さが倍増するのかな・・?と思っています。シロフクロウの飛行は、冬場のハイライトみたいなものなので、これからも度々紹介しようと思います。おたのしみに。

こんばんは~
この前Toshihiroさんがシロフクロウが
出ますよって教えてくださったので
楽しみに待ってました^^
やっぱり画像で見ても綺麗ですね~
羽が何とも言えないわぁ
それとやっぱりぽんに見える(笑)
目の色も一緒!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/200-b0c0671a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。