スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオハナインコ すばる君 

t0812060003.jpg

12月10日 きょうはチゴハヤブサのアオちゃんとともに、ご入園受付でウェルカムバード役の、オオハナインコのすばる君をご紹介いたします。

オオハナインコ 学名:Eclectus roratus 英名:Eclectus Parrot 
オオハナインコは、ニューギニア、ソロモン諸島周辺、オーストラリアのケープヨークなどに分布し、体長35cm前後、体重400g前後の大型のインコです。

オスとメスで体の色が全く違うことでも有名なインコで、オスは鮮やかなグリーン、メスは赤や青紫で全身を彩った実に美しいインコです。このため1874年(明治7年)以前は別種の鳥と考えられており、オスがオオハナインコ、メスがオオムラサキインコと呼ばれたそうです。生息域により10亜種に分けられるそうで、ソロモン、ニューギニア、ハルマヘラ、ヴォスマエリなどが知られています。オオハナインコの名前は、その大きなくちばしを大きな鼻に見立てた「大鼻」からとのことです。

すばる君は、2007年2月1日に当園で生まれました。オオハナインコはオスメスでまったく体色が異なるため、大型インコの中では繁殖が比較的容易な鳥種です。

t0812060002.jpg

このすばる君は、以前はヨウムのドリーと交代で受付に出ていたのですが、今年の夏頃から、ドリーがアンソニーとともに温室のほうに出ることになったので、すばるはチゴハヤブサのアオちゃんとともに、受付専属になりました。

そうしたら、それまであまり慣れたかったすばるも、かなりスタッフになれてきました。写真は、受付スタッフの指をぎゅっと足で掴みながら、水を飲んでいる様子です。

t0812060001.jpg

さて、このすばる君は、受付スタッフの中でも大好きなお姉さんがいます。それはすばる君の視線の先、受付スタッフの山田さんです。 あ、お姉さんだ!早く来ないかな~。

t0812060005.jpg

そしてなんと、山田さんだと両手で抱えても怒らないのです。私では絶対できません。大きなくちばしで噛まれます。信頼しきってるんだな~と思いました。

t0812060004.jpg

翼をこんなふううに持っても平気。眼をとろーんとさせています。これだから大型インコはすごいです。犬なみに人間と信頼関係が築けます。

そして、すばる君はなんとしゃべります。

大型インコは一般によくしゃべりますが、オオハナインコはその中ではあまりしゃべらないとされれており、書籍などにもそう書かれています。でも、すばる君の語彙は多いです。

本当は録音が良いのですが、まずはスタッフにしゃべる言葉を書き出してもらいました。

すばる君語録

☆ すばる         ☆ すばるちゃん    ☆ いらっしゃいませ どうぞ

☆ バナナちょうだい   ☆ 休けい 行って   ☆ あそぼ 

☆ アオ           ☆ 遊びましょ      ☆ ポッポッポッ

☆ ありがとう       ☆ イテテテテ      ☆ 何時かしら?

☆ かわいい


ね、多いでしょ。とてもオオハナインコとは思えません。そして、ヨウムのように、教えていない言葉も覚えちゃってるのがわかります。でも、声自体は囁くような小さな声で、近くでないと聞こえないそうです。



動画でも撮ってみました。動画の後半に、ちいさな声でしゃべってます。

t0812060006.jpg

これから、この受付は冬で外から冷たい風が入り、当園でも寒い場所になります。 オオハナインコは、南国のニューギニアのインコですが、 寒い日本の冬も、この受付でがんばってくれると思います。ご来園されましたら、まず見て行ってくださいね。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/184-06ac32de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。