スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真コンテスト表彰式 

12月16日 きょうは一昨日の12月14日に当園で行われた、掛川花鳥園写真コンテスト08の表彰式のようすをお伝えいたします。

一昨日はあいにくの雨でしたが、19名の受賞者の方にお集まりいただき、無事表彰式を執り行うことができました。
今年度の写真コンテストは、昨年よりもさらに応募者、作品ともに増え、掛川花鳥園  145名、328作品。加茂花菖蒲園 45名、97作品と、多くの作品をお寄せいただきましたことを、まず御礼申し上げます。

それらの作品を集め、10月に選考させていただき、一昨日の表彰式を迎えることができました。作品をお寄せいただきました皆様、まことに有り難うございました。



さて、今回の掛川花鳥園写真コンテスト08を終えまして、思い当たった点を述べさせていただきます。次回、来年の写真コンテスト応募へのご参考にしていただければ幸いです。

1 まず、撮影された方それぞれ視点が異なっており、私どもも驚くような当園の表情もあり、今後の園の経営の参考に、逆に教えていただくような場面も多く、とても参考になりましたことお礼申し上げます。


 また、当ブログがお役に立っているなあ・・ととても有難く思いました。例えばレンカクのヒナ、白鳥のヒナなどの誕生をブログで紹介いたしますと、さっそく長玉を持参されご来園された方が目立ちました。


 ですが、みなさん興味のある被写体は同じで、テーマが重なりやすく、例えばアフリカレンカクのヒナなどに優秀な作品が集中しやすく、同一テーマの作品を何点も入賞させるわけにも行かず、次点とせざるを得なかった作品もあります。このため、入賞にはメジャーな被写体より、マイナーな被写体で良い作品を仕上げられると入賞しやすいのでは・・・と思いました。


 これは当園の性格上仕方ないことなのですが、鳥の写真が圧倒的に多く、花をテーマにした作品は少数でした。このため来年は、花部門の賞を増やしてはという意見も出されました。


5 また、人と鳥類や生物とのふれあいをテーマにした作品も、入賞作品が少ないように思いました。当園は生き物と人とのふれあいをテーマにしておりますので、鳥単体より、鳥を見て喜んでおられる人の表情を写した作品なども、テーマとしてとても重要視いたしますので、来年はこのような事柄も思い出されつつ、撮影を行っていただければと思います。

t08121401.jpg

午前10時より行われた表彰式で挨拶をする大塚園長。今回は社長と専務が出張で不在のため、たいへん申し訳なく思いましたが、滞りなく式典を進行させることができました。

今回の授与式に参加された受賞者の皆様は19名でした。

t08121402.jpg

掛川花鳥園の部、最優秀賞を受賞された、松井 大介様。

受賞者には賞状と、当グループ各園の招待状。記念品が授与されました。

t08121403.jpg

最後に、受賞された皆様の記念撮影が行われました。ここで撮影された写真は、静岡新聞の全県版で白黒ですが紹介されます。

このような次第で、掛川花鳥園写真コンテスト08も無事終了いたしました。皆様ほんとうに有り難うございました。

また来年も3月から応募開始、9月末締め切りで、「掛川花鳥園写真コンテスト09」を行う予定でおりますので、宜しくお願い申し上げます。


コメント

kappaさんへ

先日は表彰式にお越しいただき、誠に有難うございました。当日は社長、専務が出張で不在で申し訳なく思いましたが、おかげさまで、無事式を行うことができまして、とても感謝しております。

Kappaさんの仰る通り、私も同じで、身写真を撮るのは好きですが、フォトコンに応募したことはありません。今は誰でもブログなどで自分が表現できる時代ですから、私も自分の写真を見て楽しんでくれる人がいれば、それでいいかな・・と考えています。でも、食わず嫌いなだけで、逆にすっごく気に入った写真が撮れたら、一つどうかな・・・と、そんな感じで応募するのも良いのでは・・とも思っています。

人を撮影することについては、こちらも配慮がなかったと申し訳なく思っております、私の場合は、「当園の者ですが・・」と話して了承を得ていますが、一般のコンテストでは人が入ってしまうと×だそうですし、肖像権のことも頭をよぎり難しいですよね。でも、ご家族やお友達でしたら、何とか可能かなとも思いますし、親が子供を見つめる眼差しで撮った写真、なんてのも他の人には撮れないから、こんなふうに工夫すれば、人題材もなんとかなるのでは・・・とも思います。

また、これは最近気が付いたのですが、鳥でも、どこか人間っぽい可愛い表情をする時があるじゃないですか、例えば今回の次点作の3羽のカモのように・・。ほかインコ類など、かわいい表情、仕草をするときがあります。こんな瞬間を撮ることで、人を写してはいないけど、鳥の表情で人間っぽさや楽しい気分を出すことができそうだな・・と思いました。こんな方法もあるように思いましたので、試されてみてはいかがでしょうか。

ハリーは最近ずっと休んでいましたが、一作日からまた飛ぶようになりました。私も昨日行って撮ってきました。でもあの鳥も難しいですね。天気が良いと白が飛んじゃって。ハリーは今の季節より、日が長くなった春霞の空の下で撮ると、いちばんまともに撮れるこが昨年試してわかりました。

それではどうも有難うございました。今後とも宜しくお願いいたします。

ありがとうございました

表彰式お招きいただきありがとうございました。
来年も入賞目指して頑張ります!
と言いたいところですが、もともとフォトコンのたぐいはよほどのことがない限り敬遠しているんです。
フォトコン目当てになってしまうと、何だか撮影の楽しみが半減する気がしてしまうのです。
でも、掛川花鳥園の良さと「素材(=花、鳥など)」がとても気に入ったので応募を決意しました。
とはいえ次点の皆様の作品も素晴らしいので競争率は相当高そうですね(^。^)

鳥や花とお客さんとの触れ合いですが、知らない人様を撮影するのは正直なところちょっと気が引けてしまいます。
それでなくてもプライバシーとか何とかで、最近は街中スナップ撮影もままならなかったり、一般のフォトコンでも通りがかりの人が写る作品を避ける傾向があるのだそうです。
大きなカメラをいきなり向けられるのを嫌がる人もいないとも限りませんし。
こういったレジャー施設なので楽しそうな表情の写真は欠かせないのですが、お客さん同士が気軽に声をかけあえる雰囲気も必要なのかもしれませんね。
記念写真を撮ろうとする人がいると、「撮ってあげますよ」となるべく声をかけるようにはしているのですが。


なかなかハリー君にお目にかかれないので、また近々お邪魔します(^O^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/183-f5ebe71e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。