スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモたちに名札を! 

12月9日 こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は以前、フクロウでもご紹介した、鳥たちの名札について別の鳥でご紹介します。

今朝の水鳥プールはいつもと様子が違いました。何やらさみしい気がする・・・?
その通り、水鳥プール内で多くをしめる、マガモ達が1羽もいなかったのです。
実は裏で、個体識別用のリング取り付け作業がおこなわれていたのです。

マガモ

このように、一人がカモを保定し、一人が脚にリングをペンチでとりつけるという手順で進んでいきます。

記録

同時に記録も行います。リングとペンチも写っていますね。
リングをつけることで1羽1羽の病気や怪我の履歴などの記録がしやすくなります。
また花鳥園の外池には野生のマガモもよく飛来しますので、それらとの区別もできるようになります。

リング

綺麗にはまりました。リングには数字やアルファベットが刻印されています。
なかなか太くて頑丈そうな脚をしていますね。水中では必死に水をかいていますから、よく鍛えられた脚です。
リングは様々なサイズが用意されています。同じマガモでも大きな子や小柄な子がいるんですよ。
特に今年花鳥園にヒナの状態でやってきた約100羽は、とっても大柄な子に成長しました。
可愛いヒナの時は、どこまで大きく成長するかわからないので、今回は大人になってから取り付けました。
小さすぎるリングでは脚に食い込んで怪我をしてしまいますし、大きすぎても水かきの方まで降りてきてしまって泳げなくなってしまいます。
どのサイズを取り付けるか、見極めて作業を行っていきます。

待ち

こちらは待合室(?)です。
プールから1羽捕まえて終わったらプールに戻して・・・と作業をしていたら、後半は取り付け済みとまだのカモの見極めが難しく、時間がかかってしまいます。
ですので一度に全部のマガモをいったん裏に捕獲し、そこから取り付けの完了したカモを1羽ずつプールに戻していきます。
この部屋の中にいるのはまだ取り付けの終わっていない、順番待ちのカモ達です。
頭が緑色をしているのがオス、全身茶色なのがメスです。
「こっちは忙しいんだからよ~、早くしてくれよ~」 皆さんも同じこと、病院で思ったことないですか?

マガモ2

おとなしくしている子、ものすごく抵抗する子と様々です。
この写真の子は余裕の表情ですね、なんとカメラ目線まできめてくれました。

痛くはありませんが、捕まえられているというだけで鳥にはストレスになります。
よって手際よく進めていきますが、それにしても早いこと!
今日は水鳥スタッフの木さん、水野くんが作業をおこなっていましたが、
待合室から1羽を捕まえリングをつけてプールに戻すまで、なんと30秒かかっておりません!
すばやく、なおかつ正確に、安全に!
今日はプールで飼育しているマガモ全138羽のリング取り付け完了。
ペンギンのごはんタイムや休憩をはさみ、約2時間で終了しました、お疲れ様でした!

実は、12月は1年で最も来園客数の少ない月です。師走というだけあって皆様お忙しいのでしょう。
このようなシーズンはスタッフの業務にも少し余裕ができますので、今日のようなリング付けや爪のお手入れなど、鳥のメンテナンスがおこなわれていることがあります。
普段はご覧いただけない様子ですから、もし見ることができたらラッキーですね!
あと、12月は鳥たちを最も独り占めできる月です。スタッフ的には一番おススメのシーズンですよ!
皆様のご来園お待ちしています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/178-b90789b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。