スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥たちの名札 

11月28日 今日からバードスタッフを中心に、園のスタッフにもこのブログに参加してもらい、できるかぎり毎日更新してゆくことになりました。

掛川花鳥園の舞台裏に関する情報なども含めスタッフのサイドより、より詳しくご紹介してゆきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

そんなことで、今回は鷹匠ショーのスタッフで、このブログでも時々登場している小澤さんにお願いしました。

たくさんの拍手、おねがいしますね。





こんにちは、バードスタッフ小澤です。
今日は、鳥たちの名札についてご紹介します。

掛川花鳥園にはたくさんの鳥たちがいます。
なかには、スタッフにも見分けがつかないそっくりさん達も...
そんなときに役に立つのが、個体識別のリングです。
1羽1羽の脚に番号のついたリングをはめておくことで、たとえば「何番は以前病気になった」「何番と何番がペア」などの記録がしやすくなります。

今日は、まだリングがはめられていないオオフクロウの「くるみ」ちゃんにモデルになってもらいました。

20081125161939.jpg

これがリングと、それを装着する専用のペンチです。
リングには番号やアルファベットが書かれています。この数字や記号の羅列は、世界に1つしかありません。
今日からこの番号が「くるみ」ちゃんの個体識別番号です。
これを「くるみ」ちゃんに装着するわけですが…

20081125162942.jpg

もちろんじっとおとなしく付けさせてはくれません。暴れて怪我をしたり羽を痛めてもいけんませんし、スタッフを噛んだり引っかいたりしないように、安全な固定法、「保定」しておこないます。
これで、鳥も人も安全です。

20081125163556.jpg

きれいにはまりました。
でもとっても毛深いのでほとんど見えないですね!

20081125163739.jpg

無事終わりました。「やれやれ、びっくりしたなァもう!」という表情の「くるみ」ちゃん。
お疲れ様でした!

掛川花鳥園に遊びにいらしたら、鳥たちの脚にも注目してみてくださいね。
でもフクロウは毛深いのでたぶん見つからないよ!

コメント

小澤さんからだ!

 小澤さん、回答有難うございます。フクロウのショーの時、いつもかっこいいなあと思いつつ客席から応援しています(声に出さず心でね)。ショーの時の口癖もgoodです。
 リングの件、よくわかりました。オリジナリティな記号をつけているということなのですね。オウムならいざ知らず、鳥さん達は自分の名前を言えませんから、ある意味彼ら彼女らの名刺代わりですね。

未消化物だったんですか!

ありがとうございます!これで謎が解けました^^
確かに骨や羽まで完全に消化するのは難しそうですもんね。でもカラスにも同じ現象が見られるとは知りませんでした。
それにしても1日1回の衝撃的瞬間を目撃できたのは嬉しいです^^

勉強になりました!また遊びに行きます★ありがとうございましたぁ

ぴときちさんへ

コメントありがとうございます。
またいつも応援ありがとうございます。
くるみちゃんは今年の6月に富士花鳥園で産まれたフクロウなので、まだリングがはまっていませんでした。
しかしはめた今でもさっぱり見えません、それぐらい毛深いです…。
ぴときちさんは衝撃的瞬間を目撃しましたね。
ポポちゃん&ココちゃんが吐き出したのは「ペリット」と呼ばれる未消化物の塊です。
フクロウにはヒヨコやハツカネズミを丸ごと与えていて、消化できなかった羽や骨などを1日1回必ず吐くんですよ。
猛禽類やカラスなどもこのような生理行動が見られます。
また見に来て下さいね。

  • [2008/11/30 16:42]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

かすみさんへ

コメントありがとうございます。
今、掛川花鳥園で使っているリングには、「掛川花鳥園」を意味するアルファベットの羅列が彫ってあるため、世界にひとつと書きました。
勉強不足で申しわけありませんが、管理する団体が存在するかどうかはわかりません。
しかし、リングには特に決まりは無い様で、今まで見てきたものの中には
ブリーダーさんの名前や、逃げた時のための連絡先として電話番号、その鳥の生まれた年など、いろんな情報が入っているものがありました。
しかしレース鳩などですと団体がしっかり存在していて管理しているようです。

  • [2008/11/30 16:35]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

小澤さん こんにちは^^
鷹匠ショーでの軽快なトーク、素敵です!どうぶつ奇想天外も見ました!(笑)

くるみちゃんには今までリングが無かったんですねー。大温室のインコには付いてるのを見かけたことがありましたが、確かにフクロウ達のリングには毛深いせいか全く気付きませんでした^^;
毛深いといえば、以前お邪魔したときに、ポポちゃん&ココちゃんに釘付けになって見ていたら、突然毛玉のようなものを吐き出したんですが、アレって何ですか??
よく猫が毛繕いした自分の毛を吐き出すって聞きますけど、それと同じ感じですか?

個体識別番号

 個体識別番号が世界に一つしかないとのことですが、番号を管理する団体とかがあるのですか?牛では聞いたことかあるのですが、鳥では初耳でした。

Kappaさんへ

コメントありがとうございます。
水辺の鳥ゾーンの白黒の鳥はクロエリセイタカシギですね。
あの鳥は今約200羽いるのですが、これから順次捕まえてはめていく予定で、今リングを注文してあるところです。
スイレンゾーンのコガネメキシコインコ達は、花鳥園に来る前の海外のブリーダーさんですでにはめていただいてありました。
他にも、まだヒナのとき脚が小さくて細い時に、切れ目の無いリングを通してしまうやり方もあります。

シロフクロウの「ハリー」はまだ筋トレ中で、風の強い日はまだ体力がないためお休みをいただいています。
また是非お願い致します。

  • [2008/11/28 13:33]
  • URL |
  • バードスタッフ 小澤
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

専用ペンチとわ!

23日に久しぶりにおじゃましたら温室の奥のふれあいゾーンが模様替えしていてびっくりでした。
奥の方にいつもいるクジャクさんなどは距離が離れてしまったのですが、通路が広くなったので通りやすくなりましたね。
そのふれあいゾーンにいる白黒の小さい子(名前がわかんないんですが)達にも一羽一羽しるしを付けているんですか?
またスイレンプールにいるメガネさんたちもでしょうか。

23日は風が強かったせいかシロフクロウが見られず残念でした。
また来月伺いますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/166-56d4cfe2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。