スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイレンとコガネ 

3月14日 きょうはスイレンプールをご紹介します。

花鳥園の温室内には大きなスイレンプールがありますが、なぜだかわかりますか? これは、スイレンはまず、水辺の空間を作ることができる、というところにあります。

水があると、私たちの心は癒されるんです。これは、おおむかしから田んぼで稲を作ってきた私たち日本人の心の奥に、水や水辺にたいする憧れがあるからです。掛川花鳥園に、水の空間が多いのもこのためです。花と鳥のため、あまり気付きませんが、水は花鳥園のとても大切なファクターです。そして、スイレンはその水に生きて美しい花を咲かせます。

もっとも、熱帯性スイレンは、一年中開花することや、栽培にそれほど手がかからず、大規模でも人手が少なくて済むことなど、実用面からも適していました。

0803142.jpg

花鳥園では、約1500㎡のスイレンの池に、約100品種600株ほどが展示栽培されています。熱帯性スイレンが見られる施設としては、施設の大きさ、品種の豊富さとも国内最大の規模で、スイレンマニアからも注目されています。

0803151.jpg

掛川花鳥園のスイレンプールは、巨大な箱のようなプールで、スイレンはお客様の目に近いところにあります。普通の姿勢でスイレンの花が間近に見られるようになっています。


0803143.jpg

この花は、ニューギニアからオーストラリア北部に自生する、世界最大の原種スイレン、ニムファエア・ギガンティアの仲間です。ギガンティアの基本色のブルーの花と、白花のギガンティアとを当園で交配させたものです。清楚な薄い青色がぼかし、冬場でも花を付けるのが特徴です。

0803144.jpg

澄んだ桃色のピンクパール。水に浮かぶスイレンは画になり、写真を撮られる方や、スケッチをされる方も多いです。

0803147.jpg

黄花のセントルイスゴールド。剣のように細く尖った花弁が特徴です。

0803141.jpg

でも、このスイレンプールゾーンの主役は、やっぱりスイレンではなくコガネメキシコインコでしょう。うるさいほど甲高い鳴き声で集団で飛び回り、きのうもお客様をびっくりさせていました。

0803145.jpg

ちょうど、コガネで遊んでいる女の子が来園されていましたので、近くにおられたお父さんに許可を得て撮影させていただきました。女の子の眼の先には木にたくさんのコガネが止まっていて、こっちへおいでよ、といっています。

0803146.jpg

だんだんインコが集まってきました。このあと女の子はインコまみれになって、お父さんに助けを求めてました。でも、春の明るい光のなかで、女の子の表情が輝いていました。

機材:EOS1DsMarkⅢ+EF135mmF2 L USM ほか



コメント

せーさんへ

いつも有難うございます。

花鳥園の天井は温室なので、温室の鉄筋が水面に映りやすく、社長は偏光フィルターを付けて撮るようにと言ってくれますが、実はまだ買っていません。そこらへんも勉強不足なんです。

でも、この抜群の解像感はEF135mmF2というレンズのおかげです。キャノンのEFレンズの中でも屈指の名玉と言われるだけあって、びっくりするほど写りが良いです。その割りに安いし、キャノンの一眼レフ持ちならオススメです。

水面にも綺麗に映りこんだスイレン、
コガネメキシコと戯れてる女の子の表情。いい作品に仕上がってますね~。

素人な質問で恐縮ですが、水鳥やスイレンなどを撮る場合はなにかフィルターをレンズに付けたり撮影するのでしょうか?

ぽん母さんへ

コメントありがとうございます。
コガネにしても、どの鳥についてでもなんですが、やはり生き物で、おなかがいっぱいになるともう寄って来なくなってしまうんです。ですから土日のお客様の多い時は、お昼頃にはもうあまり来なくなってしまうんです。逆にお客様の少ない平日の午前10時頃に行くと、いっぱい来ますよ。

こんばんは~
このインコがスピードを出して飛び交う光景をもう一度見て見たいですね!
5月に伺った時感じたんですが、同じ餌を持って歩いていても、
鳥が集まってくれる人と鳥を一生懸命誘っても全然来て貰えない人といる様に感じました。
洋服の色とか、鳥の人間に対する本能の様な物があるんでしょうかね?
Toshihiroさんの記事を見させて戴いていると、どうしても花鳥園に行きたくなってしまいますね!

ぴちさんへ

いつも見ていただき有り難うございます。コガネの集団はものすごいスピードで向かってきますので、ぶつからないとはわかっていても、自分でもまだちょっと恐怖です。お客様はそこのところがわからないので、キャーと叫ぶ人もときどきいます。すごいですよ。
インコまみれになりたい時は、平日の午前中早いうちがベストです。

コガネが集団でお客様をびっくりさせる、想像したら笑っちゃいました。
女の子もこっちおいで~なんて言っちゃダメだよ~ やはりコガネまみれになったんですね。
コガネ好きな私はコガネまみれになりたいです。

いつも有難うございます。

あの羽根はもちろんクジャクですよ。ちょうど羽根広げて、彼女もそれで微笑みました。もうちょっと広い範囲を写せるレンズだったら、クジャクの顔も写ったのですが・・

神戸に行ってくださって、有難うございます。あそこは良い香りがしますね。スイレンと蓮は全く別の科の植物ですが、簡単には、葉が水面から高く立ち上がって茂るのが蓮。花も高く伸びて咲きます。逆に水面にぺったりと張り付いてるのがスイレンです。ちょっと乱暴な分け方ですが・・

それでは、16日は神戸からUPできればと思います。神戸のブログももうすぐ始まります。お楽しみに。

睡蓮

私は睡蓮の花が大好きです。花鳥園さんの温室は年中咲いていて、扉を開けるととても甘い匂いがするんですね(神戸さんしか行った事はありませんが)。
だけど私にはスイレンとハスの区別がつきません。どこがどう違うのでしょうか? 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/16-97eb7530

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。