スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真コンテスト08入賞作品 その1 

11月13日 今日から4回にわたって、今年の3月から9月まで応募させていただいた、掛川花鳥園・加茂花菖蒲園 写真コンテスト08の入賞作品をご紹介いたします。

今回の写真コンテストでは掛川花鳥園145名 328作品  加茂花菖蒲園 45名 97作品と、たいへん多くの方々にご応募いただき、その中から全部で26点の入賞作品を選定させていただきました。昨年度の写真コンテストでは、掛川花鳥園は132名291作品、加茂花菖蒲園は22名44作品でしたので、年々応募される作品の数が増えてきており、たいへん有難く思いました。

今回掲載する画は、応募された方よりお送りいただきました四つ切りサイズのプリントを、スキャナで読み込んだものなので、実物と比較し、色彩がやや暗かったりする場合がありますが、ご了承ください。


それでは、まず掛川花鳥園の入選作品から、ご紹介いたします。
各写真のコメントは、富士フィルムイメージング(株)の専門審査員の方のコメントです。

081111006.jpg

特別賞 中坂美喜子  和む
売店の写真には見えない美しさが漂っています。

081111001.jpg

入 賞  丸岡アンシャンドレ・ユーゾー  SPLASH
フラミンゴの水浴びシーンです。水しぶきが早いシャッタースピードでよく撮れています。羽根の紅色も美しいです。

081111002.jpg

入 賞  加藤友達  小さな忍者
アフリカレンカクのヒナ。可愛いのですが、写真を撮ろうとすると、なかなか良いシャッターチャンスが少なく、しかも素早く動くので撮りにくい鳥です。

081111003.jpg

入 賞  藤井博之  美  
シロクジャクが羽根を広げているシーンです。繊細な美しさに溢れています。

081111004.jpg

入 賞  名倉正和  かわいいフクロウのヒナたち  
4羽そろってこちらを向いています。こういうチャンス、なかなか無いんです。

081111005.jpg

入 賞  牧野光伸  飛翔  
コガネメキシコインコの飛翔シーン。コガネが旋回するところですが、お客様も入って構図もよく、そのなかでみごとに旋回の場面が写っています。


最終選考まで残った作品  
牛田勝久/笑顔?いいえ寝顔   遠藤功視/おいしいかな?   小柳津友次/静かな水辺   増田聡子/きらめきの時間   浜本正弘/一歩一歩   西尾美代子/花影   西村信子/あ~ん!   千賀和彦/瞳をとじて   武本茂/飛べない鳥の青空  遠藤晶/そちらはどうですか?   太田和美/見上げた先に…。   大田政行/うっとりアンソニー   中村卓尓/クジャクの舞  中谷照雄/白扇   中谷照雄/ライバル   柴田昭/水面のファンタジー   順不同


これらの作品は、入り口からご入園受付を通って向かって右側の壁、またはフクロウ展示施設の上のスペースに展示されています。


コメント

菜乃(nano)さんへ

コメント有難うございます。

昨日のスタッフは今日休みなので話はきけませんでしたが、きょう、サンタを見てきましたが大丈夫でした。こちらこそ驚かせてしまったようで、申し訳ありません。

サンタは昔、子供に何かいたずらされたようで、そのせいか子供がとても嫌いですが、きょう聞いたら、どちらかと言うと女性全般あまり良くない・・のだそうです。
これは、サンタが当園に来た当事には聞かれなかったことですが、女性より男性のほうが良いらしいのです。物静かで、肩に乗っても安定感がある・・・といった事なのでは・・とスタッフが話していました。

サンタ君へ

オオバタンのサンタ君にお詫びです。

今日そちらへ伺った時に、
オオバタンのサンタ君に手を噛まれてしまったんです。
原因はおそらく私の手が小さかったことだと思います。
私の手は同じ身長の成人女性と比べても
小さくて子供の手みたいなんです。
私が噛まれた後もスタッフのお姉さんの手を
噛もうとしましたから、
きっとサンタ君から見れば子供のように
小さな私の手は嫌だったのでしょう。
私自身は噛まれるのは慣れていて大丈夫でしたので、
サンタ君とスタッフのお姉さんを驚かせてしまって
申し訳ありませんでした。

それで、サンタ君の機嫌を損ねてしまったようなので
心配だったのですが、その後大丈夫でしょうか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/157-cb93ccff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。