スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレクトランサス 

081015002.jpg

10月18日 きょうも前回に引き続き花の話題です。

この花は、プレクトランサス・エコロニー(Plectranthus ecklonii)というシソ科の植物です。聞きなれない名前ですが、葉を観賞するコリウスの近縁にあたる植物で、南アフリカが原産です。
高さは2.5~3m程で茎は木化します。この植物は秋の9月~11月が開花期で、藤色、ピンクの2種類が現在開花しています。


081015005.jpg

この植物は園内の大温室から「ふれあいゾーン」に入るところから、そちらに入らずにそこを左へほんのわずか歩いた右側の壁際に大きな鉢で栽培されています。

草丈は鉢の高さも入れると3メートル近いでしょうか。藤色とピンクの2鉢が展示されています。

081015004.jpg

本種は海外では花壇植栽用の植物としても用いられているようですが、日本にはまだ普及していないようです。しかし、最近日本でも南アフリカで改良された、花を観賞するためのプレクトランサスが日本に導入されはじめています。

081015007.jpg

こちらは藤紫色の花。一輪の花自体は小さいですが、小花が集まって直径15cmくらいの花穂を作ります。

081015006.jpg

プレクトランサス・エコロニー エレマ ピンク(Plectranthus ecklonii elma pinka)
こちらは色変わりのピンク色の個体。シソ科の花形がよく表れています。私はハーブのセージの花を連想しました。セージもシソ科なので花がよく似ています。ピンクのこの株は花がちょっと終わりかけかな。という感じです。


園内は鳥のほうが圧倒的に存在感があり、私も鳥を撮るのは楽しいのいで、ついつい鳥がメインになってしまいますが、花のほうも少し目を凝らすと、写真に面白いアングルで切り取れたり、変った花が咲いていたりします。たまには花も撮らないと・・・と思いました。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/143-3b040f07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。