スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士花鳥園から来た、オオフクロウのヒナ 

8月21日 きょうは最近、姉妹園の富士花鳥園から掛川に来た、オオフクロウのヒナをご紹介します。

オオフクロウ
英名:Brown Wood Owl 学名:Strix leptogrammica
このフクロウは、東南アジアの熱帯雨林やネパールの山岳地帯など、アジアに広く分布する中型のフクロウです。濃いオレンジ色の顔面に褐色の大きな目をもっており、存在感があります。

この子は富士花鳥園で6月2日に生まれた子で、富士花鳥園のブログにこの子の生後間もない頃から育っていく様子が紹介されていますので、ご覧ください。

08082307.jpg

8月18日に撮影しました。この時点で生後2ヵ月半といったところです。体長はおよそ30cm強ほど。頭部や胸などにまだヒナの羽毛が残っていますが、もうすぐ大人の羽根に代わる頃です。

08082304.jpg

富士花鳥園のスタッフにとても可愛がられた子で、とてもよく馴れており、人の手にも何の抵抗もなく止まります。

08082303.jpg

後ろから。風切り羽根も伸びて、もう飛ぶこともできます。写真ではまだ足革を付けていませんが、もう付けたかな?

08082301.jpg

ちょっと精悍な表情。スタッフによると、この子はふれあいでお客様と接してもらうようになるそうです。今はまだお客様の前には出していませんが、そろそろ展示も始めたいと話していました。

08082302.jpg

横顔です。 気になる名前ですが、今年の6月末~7月頃、富士花鳥園でこの子の名前を募集しており、現在選考中とのことです。どんな名前になるか。決まったらまたご紹介しますね。

そういえば、掛川花鳥園で7月に応募していたベンガルワシミミズク2羽の名前も現在選考中です。とても多くの応募があったので、遅くなっており申し訳ありません。

08082308.jpg

大きな目がとても可愛いです。鼻の上をちょっと擦り剥いていますが、スタッフによると、じゅうぶん治るそうです。今後この子がどんなふううに成長し、活躍してくれるか楽しみです。


コメント

鹿娘さんへ

コメント有難うございます。あのフクロウのシッティングブースも、現在、ユーラシアワシ、アフリカワシ、ポポちゃんやココちゃん、メンフクロウ、アメリカオオコノハズクの十三、ベンガルワシ、そして今度のオオフクロウ、メンフクロウのヒナなど、いろんなフクロウが間近で見られるようになって、人気が出てきましたね。また実に来てくださいね。

七月半ばに富士花鳥園でこの子を見かけて、かわいいなとは思っていたのですが、今日、初めて行った掛川花鳥園で、また会えるとは思っていませんでした。
並んで展示されていたポポちゃんが、この子をずっと凝視して、ホッソリとなっていたのはとても可愛らしかったです。
また見に行こうと思います。

そのでぃさんへ

コメント有り難うございます。ココちゃんの名付け親の方ですか。その節は有り難うございました。おかげさまでいい名前で私も気に入っています。
オオフクロウのヒナは、今日見たらまた成長していて、産毛が少なくなっていました。オオフクロウもココちゃんと同じ場所で展示されています。またぜひ来てくださいね。

はじめまして!
オオフクロウのヒナすごくかわいい!
フクロウのヒナってみんなモコモコしてるんですねっ
花鳥園は6月に行ったばかりですが、名前が採用されたココちゃんに会いにまた行きたいと思います!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/111-1ed35fec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。