スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の下のレストラン 

8月12日 きょうは先日8月10日(日)に撮影した、花の下のレストランの様子をご紹介します。

お盆休みの始まりとあって、園内は大勢のお客様で賑わっていました。

08081105.jpg

写真は大温室に入ってすぐの場所です。温室と名前が付いていても、ここは空調された空間で、内部の気温は平均で26℃~27℃。屋外から中に入って来ると、心地よい涼しさです。

08081104.jpg

そして、そのまま「ふれあいゾーン」に入らずに、正面に進んだところが、花の下のレストランになっています。

08081102.jpg

ここでは、花の下でそば、うどんなどの軽食が楽しめます。

頭上の花は、インパチエンス、コリウスなどをはじめ、さまざまな吊り鉢栽培に向く植物が吊ってあります。真夏なので春のように花はたくさん咲いていませんが、一面のグリーンが涼しげで、鬱蒼とした木々の中にいるような雰囲気になっています。



受付から、花の下のレストランまで歩いてみました。

08081106.jpg

ちょうど昼時で、植物スタッフの近藤君がそばを食べていたので撮影させてもらいました。ここのそばは松江フォーゲルパークの水車で搗いたそば粉を使っており、彼も美味しいと言っていました。

08081101.jpg

そのほか、喫茶コーナーもあり、ソフトクリーム、コーヒー、土日など日によってはおにぎりやケーキなども販売されています。

写真右下の部分に、当園や、当園のグループの各園のパンフレットが置かれてあり、ご自由にお持ちいただくことができます。

こんなふうに、暑さが厳しい頃で、屋外の鷹匠ショーの見物などは、快晴の日は堪えますが、温室内に入れば、快適な空調空間の中でくつろぐことができます。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kamoltd.blog110.fc2.com/tb.php/104-5c4432bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。