スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶好調! ヘビクイワシのキックちゃん 

ki110502003a.jpg

5月6日 きょうはヘビクイワシのキックちゃんをご紹介します。

この連休直前に、スタッフの小澤さんから、今、キックが絶好調なんですよ~と聞きました。何でもキックがもの凄いのだとか。
それで早速、午後1時からのバードショーのキックちゃんを撮ってみました。そして、やっぱり小澤さんの言うように、いつもよりかなり激しく回数多くキックの連発をしていて、キックの瞬間のバチンって音まで聞こえて、かなり激しいのです。

それが何でだかは分かりません。小澤さんも首をかしげてました。

でも、たくさん撮った写真を見て、ちょっとした発見もありましたので、そんな角度からご紹介してゆきます。

ki110502002a.jpg

写真はカマ首を持ち上げたヘビ(ゴム製)をキックする瞬間。飛び上がってキックすることもありますし、写真のように片足を地に付けて蹴ることもあります。

ki110502001a.jpg

そしてキックする部分は、必ずヘビの頭部。頭がヘビの急所だということを本能で知っているんです。なぜならキックちゃんは、動物園生まれで、生まれてこの方、本物のヘビを狩ったことが無いからです。

でも、ゴム製のヘビは、すごいキック力でボロボロです。

ki110502009.jpg

そして蹴り飛ばすと同時に後ろに飛びのきます。これは毒ヘビに噛まれる危険をかわすため。翼を広げながら蹴るのも、ヘビの目をそちらに引きつけ、細い脚を目立たせなくするためです。

自然が造り出したとは言え、体の作りや行動が危険な毒ヘビを狩るのに適したものになっていることに驚きます。

実際のショー会場では、ほんの一瞬の出来事で、そこまで細かく観察することはできませんが、こういうのは写真ならではです。

ki110502004.jpg

そして、食べれるのはゴムのヘビではなく、スタッフがくれるお肉であることも十分知っています。

小澤さんにねだっているように、顔を向けています。「早くちょうだいよ~」 ってとこですね。

ki110502006.jpg

投げられた肉片を食べるとき、一瞬尾羽を広げます。このキックちゃんの広げた尾羽も、実際のショーではほんとううに一瞬なので、よく観察することはできません。

ki110502008.jpg

最後に、口にエサを放り込む瞬間。この瞬間の写真が2枚とも瞬膜(しゅんまく 目と角膜の間にある薄い膜)が閉じていて、ちょっと不気味でコワイ画が撮れてしまいました。

これがいつもの事なのか、どうかわかりませんが、今後また撮ってみたいと思います。


なぜか?絶好調のキックちゃん。ご来園されましたら、ぜひ見て行ってください。


こちらも見てね!
花鳥園グループ 代表者アメブロ 始めました。
http://ameblo.jp/kachoen-co-ltd/


バードスタッフによる花鳥園の鳥情報。ぜひ見てね!
掛川花鳥園 バードスタッフブログ「鳥たちの飼育日記」 
http://ameblo.jp/kakegawakachoen

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。