スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばっています! 富士鳥花園 

3月26日 きょうは姉妹園の富士花鳥園のお話です。

大震災と、それに続いた静岡県東部の震度6強の地震の影響で、静岡県では今富士山、箱根、伊豆の観光客が激減しています。

でもそんな中、当園の姉妹園の富士花鳥園は、計画停電にもめげず、がんばって園を開いています。もちろんお客様はすごく減っていますし、それは当然だろうと思います。

でも、もう少し落ち着いたら、そしてもう少し暖かくなったら、ぜひ富士花鳥園にも花を見に行っていただけたらと思います。少しでも早く、安心できる日が来ますよう、今は祈っています。

今回はそんな富士花鳥園の今の思いを、富士のブログから転載しました。





P1060304a.jpg

こんにちは 富士鳥花園の植物スタッフの篠原です。

東日本大震災から10日以上が経ちましたが、関東・東海の観光地は多くが休業しており、開園していても一部というところが多いようです。
計画停電による影響もあり、富士花鳥園も本来なら休園するのが普通なのでしょうが、私たちは毎日営業いたしております。


実際に震災の直接的被害に遭われなかった方も、悲しいニュースばかりで精神的に疲れてしまっていると思いますが、先日ご来園いただいたお客様が園内で「すさんだ気持ちがスッキリするね!」と会話されているのを耳にしました。
この声を聞いたときは本当に嬉しかったです。
花鳥園のコンセプトは癒しの空間「別天地」の創造であり、お客様に気持ちの良い時間を過ごしていただくことを目指しています。
一人でも多くのお客様がこのような気持ちになっていただけるのなら、このような状況でも開園を続ける意味があると考えております。

P1060311a.jpg

また、各地でお花見のお祭りが中止となったと言う情報を耳にしますが、非常に残念なことです。
「お花見」は日本古来より永く続けられている文化であり、人々の心に癒しと活力を与えてきました。

富士花鳥園では一年中「お花見」が出来るよう空調温室で頭上一面満開の花を実現しています。
こんなときだからこそ、是非花鳥園でお花見を楽しんでいただけたらと思います。

富士花鳥園のホームページへ

富士鳥花園の公式ブログへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。