スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥かしい花 

P5285671_convert_20101008135312.jpg

10月15日 今日の主人公は私!…のではなく、鮮やかさが私にも負けないほどの花-エスキナンサスです。
「エスキナンサス??」この名前の覚えにくい花はどんな花なんでしょう??色は?

PA087744_convert_20101008134828.jpg

こちらです。もちろん、エスキナンサスの花ではなく、葉っぱです。まず、この葉っぱから紹介したいと思います。エスキナンサスは赤道直下とその周辺に分布している常緑性、半蔓性の着生植物です。葉っぱは多肉性(つまり、葉っぱが厚い)で、水を調整する機能もあります。根が水を沢山吸収した場合は、葉っぱに水を溜まっておいて、水が足りない場合の予備となります。植物って、頭が良いですね。あと、葉っぱは光沢があって、きれいですので、花が咲いてない時は葉っぱを観賞するのもなかなか良いです。

PA087740_convert_20101008134640.jpg

そして、コチラがエスキナンサスの鮮やかな花です。エスキナンサスの名前の由来はギリシア語が語源で「恥ずかしい花」という意味です。でも、どうして恥ずかしい花何でしょう?それは、恋をしている女の子が恥ずかしい時顔が赤くなるのを考えて、「恥ずかしい花」という名前を持つことになったそうです。


PA087712_convert_20101008134356.jpg

全体の写真も撮ってみました。緑のバッグに明るい赤色の花が咲いていて、きれいに映ります。このエスキナンサス、外観から見るとパイキングの方のインパチェンスより少し小さいですが、重さはもっと重いです。コレはエスキナンサスの根がどんどん伸びて、鉢の中全体を占領していくからです。 


PA087735_convert_20101008134555.jpg

植物スタッフの溝口さんとエスキナンサスの一カット。当園のエスキナンサスはちょうど人の背より少し高めのところに吊ってあるため、写真を撮るにぴったりです。来園のお客様がこの下で写真を撮られている姿もよく見られます。

ぜひ、写真を撮りに来て下さい~




  

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/


掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。