スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海万博速報  

IMGP0069.jpg

5月10日 社長からの上海万博速報です。

今日の昼前、回良玉中国副総理、朴方中国身障者連合会主席、上海市中国共産党書記が生命陽光館に来られ、ご挨拶、握手をしました。写真の中で私(髪の長い後ろ向きの男性)の左が回副主席、右側の車椅子の方が朴方さん(小平のご長男)です。

会場の頭上一面の花に大変ご満足の様子で、とても喜んでおられました。

IMGP0068.jpg

朴方さんと握手している写真です。私の後ろが回副総理です。お二方ともとてもご機嫌でした。

加茂元照



胡錦濤(こきんとう)主席 ――中国でトップの人物

習近平(しゅうきんぺい)副主席 ―― 次の主席になる可能性が一番高い人。

温加宝(おんかほう)総理 ―― 主席が指名し、全国人民代表大会に承認され、国務院の指導者になる。

写真の回良玉副総理は温加宝次に偉い人物です。


c100512001.jpg

また上の写真の左から2番目の朴方氏は、中国障害者連合会名誉主席、中国障害者福利基金会会長。そして上の写真の右から2番目の男性は、王さん。当グループの中国でのパートナーである中進医療機材有限会社(主に車椅子を生産)の社長です。

中進医療器材有限会社はリハビリテーション製品を生産する会社で、主に車椅子を製造しています。日進医療器株式会社の海外での唯一の製造会社である中進は、日進の100%技術支持を受け、世界でもレベル高い製品を生産し、今は中国医療機器生産の先頭を切っています。

中進の製品はすでに西ヨーロッパ、南アフリカ、東南アジアなどの市場まで進出しています。

スポンサーサイト

上海万博 花の成長、人の成長 

sb100510003.jpg

5月10日 今月初めから始まった上海万博。その会場の生命陽光館にて、当グループは頭上を満開の吊り鉢で飾る展示で協賛しています。

今回はこの万博造成時から中国へ赴き、現地で植物のメンテナンス等を担当している佐藤君からの報告です。


会場内へ植物を運び込んでからまもなく1ヶ月が経ちます。上段中段に吊った植物を中心に明らかな成長が見られ、搬入当初と比べ株の直径は30cm近く大きくなっています。上の写真は4月13日に吊った直後の物です。

sb100510004.jpg

そしてこちらは、5月8日に撮影したもの。4月13日の写真に比べ、株と株の隙間が無くなり、全体的に鬱蒼として来た感じが分かるかと思います。

sb100510001.jpg

また当初葉物として持ち込んだアイビーゼラニウムが、想定外に驚く程花を咲かせ盲目のピアニストの頭上を飾っています。

sb100510002.jpg

上段中段株は光当たりが良く、ビッシリ花が付いています。(佐藤)

ということで、完全な人工照明下の会場に持ち込まれてから、人工の光の下で、植物がよりすばらしく成長しているのがお判りいただけるかと思います。

sy100508002.jpg

生命陽光館の館内。中央の子どもを抱えている男性が佐藤君です。佐藤君も当グループに入って、今年で9年目を迎えます。彼も今回中国で、こんなに素晴らしい展示を維持管理できるまでに成長し、二人の子どもにも恵まれました。

sy100508001.jpg

ゴールデンウィークに、日本からお父さんががんばったこの展示を見学に行った、佐藤君の奥さんと子どもたち。

覚えていますか? 右の男の子は、むかし掛川花鳥園のパンフレットで、オオオニバスの葉の上に乗った佐藤君の長男です。この子も今年の春から小学生。早いものです。左の男の子は、今の掛川花鳥園のパンフレットで同じくオオオニバスの葉の上に乗っている佐藤君の次男。掛川花鳥園のスイレンとオオオニバスも佐藤君の担当でしたので、特別に乗せて写真を撮りました。

時代は流れ、人は代わり、失なって行かなければならないものもありますが、こうした若者の成長、子どもの成長は、ほんとうに、見ていて嬉しく思います。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。