スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルナちゃん 

r100317001.jpg

3月26日 きょうは午前10時からの飛行ショーで登場する、ベンガルワシミミズクのルナちゃんの飛行をご紹介いたします。

これらの写真を撮ったのは3月17日で、この日は日ざしは春でしたが寒くて風が強く、冬に戻ったかのような日でした。ショー会場に午前10時半に行ったところ、きょうはギャリーさんがいないし、風が強いからコンゴウインコがちょっと飛ぶかわからない・・・とのことで、それならということでルナちゃんを撮ってみました。

r100317002.jpg

ルナちゃんは、当園で生まれた今年で4歳になる女の子です。珍しく性別がわかっていますが、これはベンガルワシミミズクに限って、当グループ内で性判別を行った結果わかりました。

r100317003.jpg

ルナちゃんの飛行ショーは、ほかのベンガルワシミミズクのショーとはちょっと異なり、写真のように止まり台の上にエサを置き、そこまで飛んでいくというスタイルで行います。

この子は、飛行は無難にこなすのですが、人の手に止まることとがどうも苦手で、それで、このスタイルのショーを行っています。

r100317004.jpg

そしてもうひとつ。ルナちゃんは長い筒状の物体にトラウマ的な恐怖心を持っています。

上の写真はルナちゃんの飛行ショーが終って、風が強くても行ったコンゴウインコのショーのアナウンスを、ルナちゃんを持ちながらスタッフ小澤さんが行っているシーンですが、ルナちゃんはしっかりカメラ目線していますよね。

これはたまたまこちらを向いたわけではなく、私が持っていた筒状の望遠レンズが気になって仕方がないのです。

長い筒状の望遠レンズに恐怖を感じるフクロウなんです。

このため、会場で長い筒状のレンズが多くあると、気になって飛ばなくなってしまうこともあります。私もルナちゃんを撮るときは望遠レンズの長いフードを外して撮るようにしているのですが、それでも気になるようです。

このため、会場内で望遠レンズが多く飛ばないときは、スタッフがトークの中でこのことについて話したりします。

そして、会場上空をカラスが舞うよなときも、固まってしまいます。これはほかのフクロウでもそうで、フクロウはもともと臆病な鳥なんです。

r100317005.jpg

他の時間帯に登場するベンガルワシミミズクに比べ、ちょっと変った個性を持っていますが、そこがまたルナちゃんらしいところ。上空を舞うカラスや、長い望遠レンズのせいで飛びにくいこと(たまに)ありますが、温かく見守ってあげてください。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。