スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジャクバト 

100302005_convert_20100302142649.jpg

3月9日 今日はスイレンプールゾーンにいる、クジャクバトを撮ってきましたので、その紹介です。

クジャクバトとは、カワラバトの改良品種で、普通のハトの尾羽が12枚程度なのに対して、クジャクバトは20~32枚あり、その尾羽が扇状に広がっているところからこの名があります。当園には去年産まれた個体を合わせて、20羽ほどいます。

100302001_convert_20100302142512.jpg

クジャクバトたちはいつも、スイレンプールゾーン入り口を出て、すぐ右側のブルグマンシアが植えられているところに集団でいます。ここがクジャクバトたちのテリトリーになっているようで、巣がいくつもあります。去年もこの場所で、クジャクバトのヒナが産まれました。

100302003_convert_20100302142607.jpg

巣材は主に、ブルグマンシアの落ち葉や、小枝、抜け落ちた鳥の羽根で作っているようです。今日も写真を撮ってる間、せっせと落ち葉を運んで巣営(巣作り)をしていました。

100302002_convert_20100302142541.jpg

じっとしていてずっと動かない個体がいたので、もしかしてと思い少しどいてもらうと、思ったとおり卵を温めていました。去年は6月ごろに繁殖が始まっていたので、まだ少し早いような気がしますが、花鳥園の温室内は常にある程度の室内温度を保っていますので、あまり時期は関係ないのかもしれないですね。

100302004_convert_20100302142629.jpg

写真を撮らせてもらって、退くとすぐさまオスとメスが一緒に温め始めました。邪魔しちゃってごめんね。
卵は無精卵の場合もありますが、できれば有精卵であってほしいですね。新しいヒナが産まれてくる事に期待します。(波照間)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。