スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クビワコガモ 

IMG_0890_convert_20100218115347.jpg

2月20日 今日は久しぶりに、水鳥プールのクビワコガモを撮ってきたのでその紹介です。

クビワコガモ
学名:Callonetta leucophrys 英名:Ringed Teal
南米の熱帯雨林に生息し、カモの仲間のうちでは最も小型で、体長は約30cm、体重も約300gほどです。このプールにいるマガモなどと比べてひと回りくらい小型です。

小さな体とつぶらな瞳をもった、とても可愛らしい小型のカモです。オスの首に黒い首輪のような模様があって、そこから英名はRinged Teal と言い、わたしたちもリングテールと呼ぶ場合も多いです。

当園には現在11羽のクビワコガモがいますが、この鳥も古参で、2003年の当園のオープン当時からこの水鳥プールにずっといる古株です。

上の写真は、オスとメスが並んで日向ぼっこをしている様子。オスのこの今にも眠ってしまいそうな顔、とても可愛らしいですね。


IMG_0885_convert_20100218115325.jpg

こちらはメスをアップで撮ってみました。オスは見つけやすいですが、メスはお腹が白と茶色のシマシマで体が小さい事ぐらいしか特徴がなく、他のカモたちと混ざってしまうと、見つけるのはなかなか難しいです。

IMG_0915_convert_20100218115417.jpg

エサをあげると、小さいから遠慮がちなのかなと思いきや、コクチョウの首の下に潜り込み上手にエサを食べていました。なかなか賢いですね。他の鳥を利用して上手くエサを食べる。流石は古株のカモです。この水鳥プールでの生き方を学習したのでしょうね。
IMG_0922_convert_20100218115457.jpg

賢く生活している個体もいれば、勇敢にも、他のカモ達に負けじと突撃する個体も・・・
体の小さい割に、意外と気が強いのかもしれませんね。普通にただ泳いでる時は体は小さく、つぶらな瞳で、とても可愛らしいですが、エサの事となるとなりふり構ってられないのかもしれませんね。

そんな意外性の強いクビワコガモですが、普段の姿は本当に可愛らしいです。ご来園されましたら、是非この小さなクビワコガモに会いに来て下さいね。

IMG_1016_convert_20100218115521.jpg

水鳥プールでは、今回ご紹介したクビワコガモをはじめ、マガモ、コールダックやアカツクシガモなど、約100羽以上のカモ達が泳いでいます。なのでエサを与えると、一気に群がってきます。エサはたくさん入っていますが、あっという間に無くなってしまいます。(波照間)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。