スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカワシミミズク 

IMG_0317.jpg

2月11日 今日は、温室内のフクロウゾーンに3羽いる、アフリカワシミミズクを撮ってきたので、その紹介です。

アフリカワシミミズク
学名:Bubo africanus 英名:African Spotted Eagle Owl
全長35-45cmと、ワシミミズク属の中では小型です。体は全体的に灰色または茶色で、胸部から腹部にかけては縞模様があり、頭部に耳状の羽毛(羽角)を持っています。

3羽とも名前があり、右からタケル・ヤマト・ミコトです。やはり相性があるようで、いつもこの並び順なんだそうです。タケル・ヤマトと男の子のような名前ですが、実は3羽とも女の子なんです。
この3羽、素人目には同じにしか見えませんが、フクロウスタッフは1羽1羽のちょっとした違いを把握しているそうで、パッと見ただけで見分けがつくそうです。素直に凄いなと思いました。

IMG_8111.jpg

フクロウスタッフの話を聞きながら写真を撮っていたら、いきなりタケルが大きく口を開け始めました。

IMG_8128.jpg

最初はただのあくびかな?と思っていたんですが、何度も何度も繰り返していたので、ん??と思っていたのですが、どうやらペリットを出そうとしている最中だったようです。

名称未設定 1のコピー

ペリットとは、消化しきれない毛や骨などを固めて吐き戻した物のことで、フクロウに限らず肉食の鳥はこの習性があります。写真左がフクロウが吐き戻したままのもの、右はそのペリットを解いてみたものです。

、当園でもフクロウにはヒヨコやウズラなどをそのまま与えますが、これはスーパーとかで売っている肉では、ミネラルやビタミン等の栄養分が含まれていないためです。このため食べたあとでペリットを吐き戻すわけです。


IMG_0335.jpg

タケル・ヤマト・ミコトはポポちゃんの隣にいるせいか、そのまま見ずに行ってしまう方がけっこういます。まぁ色も少し地味だし仕方ないよ・・・という方もいるかもしれませんが、私は、3羽の違いをじっくり観察するのって結構楽しかったです。なので興味のある方は、じっくり観察してみてくださいね。(波照間)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。