スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカとハヤブサ 

IMG_0130_convert_20100129135452.jpg

2月3日 今日は飛行ショーではなく、温室内でじっくり観察出来るタカとハヤブサの紹介です。
そのタカとハヤブサは、大温室からふれあいゾーンに入ったすぐのフクロウゾーンにいます。この場所で、フクロウたちと共に展示されています。

IMG_0143_convert_20100129135531.jpg

こちらがタカの仲間で、ハリスホークといいます。和名は、モモアカノスリです。そして名前を「マックス」と言います。去年の3月頃に当園にやって来ました。頭の上の抜けかけの白い毛で、ハンサムな顔がちょっと台無しですね(苦笑)

IMG_0163_convert_20100129135623.jpg

そしてこちらがハヤブサです。チゴハヤブサという種類です。名前は「アオ」といいます。以前は受付でウェルカムバードとして活躍していましたが、今はこのフクロウゾーンに移ってきました。いつもはパーチの上でじとしているのですが、珍しく下に降りていました。多分何かにびっくりして降りちゃったんでしょうね。

IMG_0166_convert_20100129135646.jpg

飛翔(?)のシーンを撮影出来ました。といっても、ただパーチに戻るために飛び上がった瞬間を撮っただけなんですが・・・
よくよく見ると、体のわりに意外と大きな翼ですね。翼は長く先がとがっており、静止時の初列風切羽は尾羽よりも長いそうです。ハヤブサはとても神経質だと言われていますが、アオちゃんは当園に来てもう6年にもなりお客様にも馴れているために平気で、大勢のお客様がご来園する場所でも、こうして間近に観察することができます。

IMG_0148_convert_20100129135601.jpg

最後はマックスの足です。とても鋭い爪ですね。こんなのに掴まれたらと思うとかなり怖いですね・・・

なお、この鳥も神経質な鳥種なので、例えばストラップなどを、マックスの前で振って見せたりしないでくださいね。ちゃんと紐で繋がれていますが、もし万が一怪我の原因になる場合も考えられますので、悪戯などしないようにお願いします。

タカやハヤブサを、こうして間近で観察できる所は、なかなか無く、これもまた当園の見どころの一つと思います。なお、マックスとアオちゃんは夕方16時30分頃には展示場所から寝るためのお家に帰ってしまうので、じっくり観察したい方は、それまでに見て下さいね。(波照間)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。