スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュウハシが入りました。 

c100117001.jpg

1月19日 きょうはスイレンプールの奥にあるふれあいの小道に、2種類のチュウハシが入りましたので、そのご紹介です。

チュウハシとは、オオハシ科の鳥で、体がオオハシほど大きくない種類を指します。

アカオビチュウハシ 学名:Pteroglossus aracari 英名:Black necked Aracari 
南米のコロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム等に生息するチュウハシです。クチバシの長さが約9㎝あり、チュウハシの中では、最も大きな種類のひとつで、胸の赤いラインが特徴的で和名もここからきています。今回1羽入りました。

c100117004.jpg

アカオビチュウハシのくちばし。ノコギリのようなギザギザ状になっています。自然界では果物や木の実を主食としているそうです。

c100117003.jpg

人の手からエサを食べますが、この写真は過って指を咥えてしまったところです。後ろにいたキムネチュウハシは、ちゃんとエサのバナナを食べています。

c100117002.jpg

そしてこちらはキムネチュウハシ。

キムネチュウハシ 学名:Pteroglossus viridis 英名:Green Aracari
こちらも南米のコロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム等に生息するチュウハシです。チュウハシの中では、一番小さくおよそ125gほど。体長は約22cmでくちばしの長さは約5.5cmほどです。オスとメスで体色が異なり、オスは頭と胸が黒いのに対し、メスの頭と胸は栗色をしています。とても人なつっこくやさしい種類で、ペットにするのに向いています。こちらは2羽入りました。

c100117005.jpg

このキムネチュウハシはすでに人にも馴れていて、お客様の手にとまってエサを食べます。

ki100118002.jpg

この2種類のチュウハシは小型で一見地味なので、ふれあいの小道でも探さないと見つかりませんが、キムネチュウハシはすでにエサ販売コーナーでお客様を待っていることもあるようです。見つからない場合はスタッフにお尋ねくださいね。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。