スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の渡り鳥 その2 ハシビロガモ 

ha100108002.jpg

1月14日 先日のオナガガモに続き、今回は外の水鳥池で見られる渡り鳥のハシビロガモをご紹介します。

ハシビロガモ 学名:Anas clypeata 英名:Northern Shoveler
ユーラシア大陸北部と北アメリカ大陸北部で広く繁殖し、冬季は南ヨーロッパ、アフリカ北部から中部、西アジア、インド、東南アジア、北アメリカ大陸南部に渡り越冬する。日本では冬鳥として全国に飛来する。

当園には、屋外の水鳥池に、例年およそ30羽ほどが秋頃から飛来し、冬を越して春頃まで見られます。

写真は数匹の群れで水面を円を描きながら、プランクトンなどを捕食している様子です。

ha100108008.jpg

マガモに似た色をしていますが、嘴の幅が広く、名はそこから由来しています。

ha100108004.jpg

嘴にはブラシ状のものが生えていて、水ごと飲み込んで、細かなプランクトンや植物を濾して食べるようになっています。

ha100108001.jpg

オスの頭部。オスは濃いグリーンとコバルト色が混ざったような、とても美しい色彩に彩られます。この色彩は光の反射によるもので、光線の具合によって黒っぽく見えてしまうこともあります。

ha100108003.jpg

こちらはメス。メスはマガモのメスと似た色彩ですが、嘴の幅が広いのでよく見ると見分けが付きます。

ha100108007.jpg

ときに水上を飛ぶことがあり、とても美しい光景を撮影することができるのですが、これはなかなかうまく撮ることができないですね。昨年まぐれで撮れた一枚を今回も貼っておきます。

ha100108006.jpg

このハシビロガモも、毎年同じ個体が飛来しているので、人には馴れて野生の鳥でありながら人の近くまで寄ってきますが、人の手からエサを食べるまでには至っていません。

これら冬場に飛来する野生のカモの仲間は、冬場の寒さが厳しい今の季節が羽根の色も美しく輝きます。当園の飼育鳥ではありませんが、美しい鳥なのでスタッフもその飛来を楽しみにしています。

そして、飛来した秋頃はまだ夏毛が残っているためかあまり美しくありませんが、この真冬の間はオスは胸は白く、頭部は濃い青緑になり、とても美しい鳥になります。寒さの厳しい折ですが、ご来園されましたら、ぜひ見ていってくださいね。

QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。