スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイレンプールの熱帯魚 

f091112005.jpg

11月15日 きょうはスイレンプールゾーンにいる熱帯魚を、最近水槽に入れて写してみましたので、ご覧いただきます。

園内表示パネル用に撮影したもので、こうして写したのはほんとうに久しぶり(6年ぶり)でした。

上の写真はプラティーです。この魚はメキシコや中米などに分布する卵胎生メダカの仲間ですが、今では改良され様々な種類が見られます。当園のプラティーは、神戸花鳥園で繁殖したものを譲り受けたもので、今ではレッドプラティーやヘルメットプラティーなどが交雑して、色々な色のものが見られます。

f091112006.jpg

このプラティーは、スイレンプールの一番東の場所で、多く見られます。エサを与えるとたくさん集まってきます。

f091112002.jpg

こちらも胎生メダカの仲間でグッピーという、熱帯魚としてはポピュラーな魚です。こちらも交雑してしまって、たとえばホームセンターで売られているグッピーよりかなり表現は劣った個体になってしまっていますが、これは仕方ないでしょうね。

f091112004.jpg

先日もご紹介したティラピア。直径30cmくらいの成魚です。ピンクの改良種ですが、下腹が膨らんでいるので、どうやらメス個体ですね。

f091112003.jpg

こちらが基本種の青褐色のティラピア。ナイルティラピアという種類のようです。 ピンクの改良種とともに、このティラピアもスイレンプールの一番東の場所で、多く見られます。

f091112001.jpg

「ふれあいのこみち」に近い大プールにいるエンゼルフィッシュ。この魚はもう6年前の掛川花鳥園が開園して間もない頃に、このプールに入れられたものです。保護色なためと、水面でエサをつつく魚でもないので、ほとんど目立ちませんが、たまに大プールの端でその魚影を見ることがあります。いまではこの大プールで無数に増えているのではと思われます。

f091112007.jpg

これらの魚のうち、いちばん眼に止まりやすいのは、プラティーとティラピアですかね。写真のスイレンプールゾーンの東端で多く見られ、エサを与えることもできますので、またご来園の際には見ていっていただければと思います。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。