スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡り鳥の訪れ 

IMG_3834.jpg

11月14日 朝夕とだいぶ寒くなってきましたね。体調を崩しやすい季節です。皆様体調管理には十分ご注意ください。寒くなってきたということで、今日は越冬のために当園に渡ってくる、渡り鳥の紹介をします。最初の写真はカルガモです。いつ頃渡ってきたのか分かりませんが、10月の中頃から見かけるようになりました。

IMG_4631.jpg

左がカルガモ、右がマガモです。大きさは同じぐらいですが、マガモより可愛らしい顔をしています。くちばしの先端だけ黄色いので、すぐに見つけることができますよ。

IMG_3929.jpg

続いての渡り鳥は、ハシビロガモです。毎年30羽以上が越冬に来るハシビロガモ。くちばしの幅が広いところからこの名があります。メスは地味ですが、オスはとてもコントラストが奇麗になります。今は冬羽に変わっている途中なのでいまいちですが、日に日に奇麗になっています。

IMG_3931.jpg

集団でエサを採るハシビロガモ。ハシビロガモのくちばしの両脇は、ちょうどブラシのようになっていて、その動作から察するに、水ごと吸い込んで食べ物を濾して食べているようです。数羽の集団でくるくる回りながら水面の水を吸い込んでいました。

IMG_4486.jpg

写真はキンクロハジロという種類のカモで、白と黒の体に金色の眼が輝く美しいカモです。この鳥は警戒心が強く、この池の奥のほうで越冬しています。

IMG_4535.jpg

キンクロハジロはマガモと比べると二回りほど小さい鳥です。警戒心がとても強く、池の奥の方にいることがほとんどなので、なかなか見つけることができません。撮影場所からは40~50mくらい離れており、なかなか近くに来ません。一羽を大きく撮るためには、600mmくらいの望遠レンズが必要かも・・・

この池にはマガモやアカツクシガモ、アイガモなどが飼育されていますが、とくにこの冬場は北から数種類の渡りガモの仲間もやってきます。このキンクロハジロや、カルガモ、ハシビロガモは、渡りガモとしては珍しい種類ではないですが、園内で飼っている鳥たちとはまた別に、野生の鳥にもとても感心があって、季節ごとにやってくる鳥たちとの出会いを楽しみにしており、よく観察しています。(波照間)


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。