スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラナーハヤブサの飛行ショー その2 

h091110001.jpg

11月12日 きょうは先月末より始まった、ラナーハヤブサにより飛行ショー様子。2回目の報告(?)です。

・・・と言いますのも、私のような飛びもの撮り好きには、とても面白いショーなので、このショーが始まって以来、天気が良くてショーが行われて、都合が付く日は、できるだけ現地に行って撮るようにしています。


このショーは、ハヤブサのとても早い飛行の姿と、狩りの様子を見ていただくもので、ハヤブサの調教を含めスタッフの誰もができるというショーではなく、当園ではギャリーさんにしかできない難易度の高いものです。飛行ショーとしてはかなりマニアックな部類で、見る側にもある程度の知識を要求するショーであると言えそうです。

そして高速で飛ぶハヤブサを写真に撮るのも、また相当難しく、普通のカメラでは撮れず、それなりの機材と腕が必要です。ですからそれが撮れたときはとても嬉しいです。このハヤブサの飛行写真は、言わばほとんど私の趣味みたいなものですが、すみません。お付き合いください。

s091109008.jpg

こういう飛んでいる被写体を撮るには、一眼レフのデジタルカメラで、連写で撮影します。動いてる被写体になぜピントが合うのと思われると思いますが、最近のデジタル一眼レフカメラは動体予測モードと言って、動いている被写体に自動的にピントが合う機能が付いていますので、このモードを使います。

また動きが早いので、800~1000分の1秒ほどのシャッター優先にします。天気は、晴天の日がベストです。

こうして後は望遠レンズで撮れば良いのですが、実際200mm程度の望遠のほうが鳥は入りやすいですが、小さくしか写りません。500mmにすると大きく写るのですが今度はスピードが速いのでファインダーから逃げること甚だしく、追いかけが慣れないと難しいです。
このようなことなので、私は300mmの望遠を基準に撮っています。なお、望遠はズームレンズではなく、ピントが爆速の単焦点レンズを使用するとなお撮りやすいです。

ですが、そうして撮ってもほとんどピンボケを量産するばかりで、ほんとに速いのでなかなか撮れません。ですから、上手く撮れたときは感動してしまいます。

h091110002.jpg

まだ空高くは飛べない(飛ばさない)ので、比較的にお客様の間近も駆け抜けることがあります。近くを飛んでくれるのですが、近くですと今度は相対的にスピードが速くなってしまうので、なかなかカメラのファインダーに収まってくれません。

s091109002.jpg

疑似餌のルアーに飛びついて、キャッチした瞬間。ギャリーさんの短く甲高い口笛を合図に、それまで会場を周回していたハヤブサは、急にスピードを増し、会場内で一旦降下し、下から上空に投げられたルアーに急上昇して飛びつきます。この瞬間も難しいです。

s091109006.jpg

ルアーをキャッチすると、そのまま着地します。

s091109005.jpg

一回のショーは今のところ30秒程度で、ハヤブサをルアーにキャッチさせ、それを2回行いますので、最初のハヤブサの登場のところからショー全体の時間ははおよそ5分弱といったところです。

飛んでいる間は、今はまだほんの短い間ですのでが、今後徐々に飛行時間も長くなり、よりシャッターチャンスが増えてくれることを期待しています。

なお、このショーは午前10時30分からの飛行ショーのなかで行われます。雨の日や強風の日、またギャリーさんがお休みの日は行われませんので、ご了承ください。どうしても撮りたい、見たいという場合は、事前にギャリーさんの予定を当園受付にご確認の上、ご来園ください。


QR090929002.gif
掛川花鳥園公式ブログモバイルサイト

バードスタッフブログも併せてご覧ください。
http://kkestaff.blog24.fc2.com/

掛川花鳥園 外国語版 公式ブログは下記です。
Official blog of Kakekawa Kachoen
挂川花鳥园 官方博客
카케가와 화조원 공식 블로그

http://kamoltdmulti.blog79.fc2.com/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。